読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

文化勲章に長嶋茂雄氏ら9人、野球界から初選出…文化功労者には富野由悠季氏ら21人

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は26日、2021年度の文化勲章受章者としてプロ野球・読売巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄氏(85)ら9人を発表した。野球界からの選出は初めて。政府は受章理由について「プロ野球史上に偉大な功績を残し、野球界の普及発展に尽力するなど、スポーツ振興に果たした功績は誠に顕著だ」と説明している。

インタビューに答える読売巨人軍の長嶋茂雄終身名誉監督=守谷遼平撮影
インタビューに答える読売巨人軍の長嶋茂雄終身名誉監督=守谷遼平撮影

 長嶋氏は1958年に立教大から巨人入りし、翌年の天覧試合で劇的なサヨナラ本塁打を放った。プロ野球が生んだ国民的ヒーローとなり、「ミスター・プロ野球」と呼ばれた。引退後は2度にわたり巨人の監督を務め、リーグ優勝5回、日本一に2回導いた。

 2013年には巨人と大リーグ・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(47)と国民栄誉賞を同時授与された。今年7月の東京五輪の開会式に王貞治氏(81)、松井氏とともに聖火ランナーとして参加した。

 スポーツ選手が文化勲章に選出されるのは、08年度に受章した水泳の古橋広之進氏(09年死去)以来となる。このほか、文化勲章は今年のノーベル物理学賞に決まった気象学・気候学の真鍋 淑郎しゅくろう 氏(90)、洋画の絹谷幸二氏(78)、歌舞伎の尾上菊五郎氏(79)、バレエの牧阿佐美氏(87)ら。牧氏は今月20日に死去しており、同日付の受章となる。

 文化功労者には、俳優・歌手の加山雄三氏(84)やアニメーションの富野由悠季氏(79)ら、文化勲章と同時顕彰の真鍋氏を含めて21人が選ばれた。

 文部科学省によると、初の受章・顕彰分野は文化勲章のバレエ、文化功労者の表面科学、遺伝医学・ゲノム医学、児童文学、日本語学。女性は過去最多の計7人となった。文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同4日に東京・虎ノ門のホテル「The Okura Tokyo」で行われる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2470970 0 エンタメ・文化 2021/10/26 11:31:00 2021/10/26 19:19:33 2021/10/26 19:19:33 インタビューに答える読売巨人軍の長嶋茂雄終身名誉監督(23日午前11時19分、東京ドームで)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211026-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)