携帯電話の普及、描きにくくなった「場面」…朝ドラ「スカーレット」脚本家が語る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 金沢市のホテルで29日に開かれた「読売・TDB(帝国データバンク)フォーラム北陸」の講演会で、登壇した脚本家の水橋文美江さん(57)は、携帯電話の普及で「『話せなくてもどかしさが募る』などの場面が描きにくくなった」と明かすなど、時代に合わせて変化するテレビドラマの舞台裏を紹介した。

講演する水橋文美江さん
講演する水橋文美江さん

 水橋さんは同市出身で、NHK連続テレビ小説「スカーレット」などの作品で知られる。「私の描いたヒロインたち~恋と仕事と家族のカタチ~」と題した講演では、働き方改革が叫ばれていたスカーレット撮影時に、スタッフを休ませるため2チーム作って交代で撮影したエピソードなどを語った。

 最近では、テレビを見る人が減って制作費が削減され、「ドラマ業界が厳しくなってきた」と指摘。それでも動画配信サービスが人気を得ているとした上で、「どこであろうと、面白いものを作っていきたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2489108 0 エンタメ・文化 2021/11/02 08:03:00 2021/11/02 13:49:43 2021/11/02 13:49:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211030-OYT1I50042-T-e1635828579945.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)