長嶋茂雄さんら、天皇陛下から文化勲章を手渡される…皇居で親授式

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 文化勲章の親授式が3日、皇居・宮殿で行われ、プロ野球・読売巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄氏(85)、短歌の岡野弘彦氏(97)、文化人類学の川田順造氏(87)、歌舞伎の尾上菊五郎氏(79)、洋画の絹谷幸二氏(78)、数学の森重文氏(70)の6人が天皇陛下から勲章を手渡された。今年のノーベル物理学賞に決まった気象学・気候学の真鍋淑郎氏(90)と分子生物学の岡崎恒子氏(88)は欠席した。

感染者数が急増、「BA・5」への置き換わりが拍車
天皇陛下から文化勲章を受ける読売巨人軍の長嶋茂雄終身名誉監督(3日、皇居・宮殿「松の間」で)=代表撮影
天皇陛下から文化勲章を受ける読売巨人軍の長嶋茂雄終身名誉監督(3日、皇居・宮殿「松の間」で)=代表撮影

 式は新型コロナウイルスの感染防止のため、出席者はマスク姿で臨み、陛下は受章者に「長年、努力を重ね、文化の向上に尽くされたことを誠に喜ばしく思います」と述べられた。

 バレエの牧阿佐美氏は10月20日に87歳で死去したため、同日付の受章となった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2491774 0 エンタメ・文化 2021/11/03 14:46:00 2021/11/03 18:07:12 2021/11/03 18:07:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211103-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)