「タテ社会の人間関係」がベストセラー…社会人類学者の中根千枝さん死去、94歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「タテ社会」をキーワードに比較文化的な視点から日本の社会や人間関係を分析した社会人類学者で東京大名誉教授の中根千枝(なかね・ちえ)さんが、10月12日、老衰で死去した。94歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は妹、松井淳子さん。

中根千枝さん
中根千枝さん
「タテ社会の人間関係」
「タテ社会の人間関係」

 東京都生まれ。東大卒業後、女性研究者の草分けとして活躍、1970年、女性初の東大教授となった。80年に同大東洋文化研究所の所長に就任。87年に退官した後は、帝京大教授や財団法人民族学振興会理事長などを務めた。2001年、文化勲章を受章。日本学士院会員。

 研究者としての行動力には定評があった。アジアの諸社会における家族・親族関係の比較調査など、先駆的な研究に精力的に取り組み、日本の文化・社会人類学の確立に尽力した。そうした学術的な研究をベースに、インドや欧米とも比較しつつ、「タテ社会」を軸に、年功序列や一家意識などを分析。「タテ社会の人間関係」(1967年刊行)では職業などよりも「場」の共有を重視する日本社会の特質を浮かび上がらせ、ベストセラーとなった。同書は海外でも翻訳され、国内外での日本論ブームのきっかけをつくった。

 他の著書に「未開の顔・文明の顔」「家族の構造 社会人類学的分析」「社会人類学 アジア諸社会の考察」などがある。

 欧米の大学でも教えたほか、日本ユネスコ国内委員会会長や国際人類学民族学連合副会長なども務め、国際的な学術交流の面にも力を注いでいた。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2497809 0 エンタメ・文化 2021/11/05 20:08:00 2021/11/05 21:12:04 2021/11/05 21:12:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211105-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)