国内最古の「土面」見つかる…八戸の是川石器時代遺跡、縄文時代中期前半

国内最古の土面

 世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産で、青森県八戸市にある 是川これかわ 石器時代遺跡から、縄文時代中期前半(5300~5100年前)に作られたとみられる土面が見つかった。市埋蔵文化財センター是川縄文館が12日発表した。これまで国内最古とされてきた、徳島市の矢野遺跡の土面よりも1000年ほど古いという。

 土面は顔を表現した土製品で、宗教的な儀式などに使われたとされる。

 是川石器時代遺跡で見つかった土面は重さが約46グラムで、長さ8・0センチ、幅8・1センチ、厚さ1・2センチ。全体の4分の1ほどが欠けているが、目を表現したような穴や眉を模したような隆起がある。ひもを通す穴はなく、顔にはつけずに手で掲げるようにして使ったと考えられている。

国内最古の土面(12日、八戸市で)

 土面は今年6月、同遺跡南側で行われた発掘調査で、土器などの捨て場とされる場所で見つかった。周辺にあった土器片は既に縄文時代中期前半のものと判明しており、土面にもこの時代に特徴的な装飾が確認できたという。

 縄文時代の土面は全国で150点以上見つかっており、縄文時代後期初頭(約4000年前)の国重要文化財「徳島県矢野遺跡出土品」のものが国内最古とされていた。文化庁の原田昌幸・主任文化財調査官は、今回の発見を「土面の起源を遡るうえで、大変貴重な出土例だ」としている。

無断転載・複製を禁じます
エンタメ・文化
ページTOP