農業選んだ工藤阿須加、父・公康は背中を押してくれた「いいじゃないか…おれも手伝いに行く」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

イマドキ就農のリアル、BS朝日でルポ

 俳優の工藤阿須加(30)が、脱サラ就農のリアルに迫る「工藤阿須加が行く 農業始めちゃいました」がBS朝日で12月19日に放送される。映画やテレビドラマで存在感を示す俳優の成長株は、「今動かないと間に合わない」と自身も農業に取り組みだしたばかり。取材に対し、同じ目標に向かう人々の姿に「自然相手で何の保証もない中でひたむきに取り組む熱量がすごかった」と語り、農業法人設立の夢など新たな地平も示してくれた。(読売新聞オンライン 旗本浩二)

古川夫妻の農地で汗を流す工藤(右)(C)BS朝日
古川夫妻の農地で汗を流す工藤(右)(C)BS朝日

お金や時間が…「リスクを取らない方がリスク」

 「子どもの頃、体が弱かったんですが、家族は食事を活用して治す選択をしてくれた。それで今では全然、病気をしないくらい体が強くなりました」と明かす工藤。「人間は手に取ったものを口に入れ、それが血となり、肉となり、骨となる。口に入れるものの大切さは小さい頃から実感していました。父親(工藤公康・プロ野球ソフトバンク前監督)が体を資本とする仕事だったので、それを気遣った母が(栄養などの)様々な専門家や農家の方と会う機会が多かった。そうした話の中から、自分が何をすべきなのか考えたときに農業という選択肢がずっとあったんです」

 東京農大に進学したのもその志を持ち合わせていたからで、その後も役者の仕事を第一に考えながら農業の勉強もコツコツ続けてきたという。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2550885 0 エンタメ・文化 2021/11/28 05:01:00 2021/12/01 23:22:03 2021/12/01 23:22:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211125-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)