競馬場に「ウマ娘」16人、オグリやテイオーがゲートに並ぶ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 競走馬を美少女キャラクターに擬人化した人気アニメ・ゲーム「ウマ娘」のコスプレ撮影会が25日、佐賀県鳥栖市の佐賀競馬場で開かれた。コスプレーヤーと呼ばれる愛好家たちが、実際のレースで使われるゲートなどでポーズを決めた。

ゲートでスタートのポーズを決める参加者
ゲートでスタートのポーズを決める参加者

 佐賀競馬を運営する県競馬組合が、コスプレ歴約30年という福岡県久留米市の焼き肉店経営藤吉玲子さん(48)の要望に応え、九州で初の試みとして撮影場所を提供。抽選で選ばれた16人が、カメラマンを前に、オグリキャップやトウカイテイオーなど歴代の名馬のキャラに ふん し、普段は入れないパドックを回ったり、ゲートに並んでダートのコースに向かってスタートを切ったりした。

 エアグルーヴのキャラになりきった藤吉さんは「本物の競馬に近い雰囲気を演出したかったので、この場所で撮影できて夢のよう」と喜んでいた。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2549629 0 エンタメ・文化 2021/11/26 11:19:00 2021/11/26 11:19:00 2021/11/26 11:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211125-OYT1I50133-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)