「エモい」は「あはれ」の子孫です…命削って作った三省堂国語辞典、始まって以来の大改訂

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「サンコク」の愛称で親しまれている「三省堂国語辞典」が約8年ぶりに改訂され、第八版が今月17日に発売された。「スッチー」「MD」など約1100語が消え、「エモい」「黙食」といった約3500語を新たに収録した。ネット時代の辞書のあり方を考えて「命を削った」という編集委員の飯間浩明さん(54)に「サンコク始まって以来の大改訂」の裏側を聞いた。(デジタル編集部 谷中昭文)

「エモい」は「心が揺さぶられる感じ」

飯間さん(本人提供)
飯間さん(本人提供)

 サンコクは「辞書は時代を映す鏡」という編集方針のもと、1960年の初版刊行以来、版を重ねてきた。今回の改訂では、約8万4000語を収録、約4%に当たる約3500語を新たに加えた。コロナ禍で広まった「人流」や「ソーシャルディスタンス」「黙食」などに加え、「エモい」などSNSで広まった新語も入った。

  【エモい】 (形)〔俗〕心がゆさぶられる感じだ。(略)〔由来〕ロックの一種エモ〔←エモーショナル ハードコア〕の曲調から、二〇一〇年代後半に一般に広まった。古語の「あはれなり」の意味に似ている。(「三省堂国語辞典」)

 飯間さんは「『エモい』なんて言葉は2、3年で使われなくなるという見方もあるかもしれない」としながら、「漠然と自分の好感を示す便利な言葉は、長い間使われる傾向がある」と解説する。たとえば、平安時代に生まれた「あはれ」は、しみじみとした気持ちを表す言葉だが、「いとあはれ」と好感を示す表現として長く用いられた。「『エモい』は『あはれ』の子孫みたいなものです。便利な言葉をそう簡単には手放さないだろうと判断したのです」と話してくれた。

40年経て入った「赤信号みんなで渡れば…」

 一方、「なぜ今さら」と話題になったのが「赤信号みんなで渡ればこわくない」の収録だ。

  【赤信号みんなで渡ればこわくない】 〔句〕おおぜいでやれば、悪いことでも堂々とできるものだ。〔一九八〇年に、漫才コンビのツービートが広めた〕(「三省堂国語辞典」)

 タレントのビートたけしさんが組んでいたコンビのギャグが元ネタのこの言葉だが、これまで「ギャグは国語辞典には載せない」という考え方で過去の改訂では収録されなかったという。真理をつく表現は、時代を追うごとに市民権を得ていき、ことわざとして認識されるようになった。「これは新語ではなく『今まで載せてなくてごめんなさい』という気持ちで載せたんですよ」と飯間さんは話す。

 多くの新語が収録された一方で、約1100の語が消えた。客室乗務員を示す「スッチー」やミニディスクの略語「MD」がサンコクから消えた。掲載しなかったのは「使う人が少なくなったからだけではありません。優先順位の問題です」と説明する。

 「我々は日常の言語生活を送る上で必要だと考えられる言葉を、約8万語という枠を設けて選びます。何十万語という規模の大辞典とは違い、約8万語に限って独自の観点で説明する。日本語として基本的な言葉や、日常生活に絶対必要な言葉を詰め込んで、空いたところに何を入れようかとなった時、『スッチー』よりは『キャビンアテンダント』を、『MD』より『サブスク』を入れたいよねという考えになるのです。今回は比較の問題で退場してもらいました」

掲載する、しないの基準は?

 辞書に掲載する語としない語の基準はどこにあるのか。「現在、多くの人が使用しているかどうか。そして、一時的ではなくこの先も使われそうかという2点」だという。

 コロナ禍の中で辞書の 編纂(へんさん) 作業もリモートワークで行われ、クラウド上のファイルに編集委員らがそれぞれ新語候補や削除候補の項目をアップロードし、掲載するか削除するかについて、編集委員らが「印」をつけて判断していくのだという。

 一方、今回は掲載を見送った言葉もある。「ブイチューバー(Vtuber)」がその一つだ。「バーチャルユーチューバー」の略で、動画配信サイトのユーチューブの投稿動画で、人の代わりに情報発信するキャラクターのことをいう。

 18年のイベント「今年の新語」(三省堂主催)でも5位に選出されたが、今回の掲載は見送られた。ネットのはやり廃りは読めないところがあり、今後も使用されるか判断がつかなかったという。ただ、SNS上では「入っていないのか」と残念がる声も目にしており、「惜しかった。次の第九版でこの言葉があれば、ぜひ掲載したい」と飯間さんも苦笑した。

動画配信の普及でアクセント追記

三省堂神保町本店のレジ前に平積みされた「三省堂国語辞典」(東京都千代田区で)
三省堂神保町本店のレジ前に平積みされた「三省堂国語辞典」(東京都千代田区で)

 今回の改訂に8年もの歳月を要したのは、大幅な大改革を行ったからだ。今回から収録されている約8万語のほとんどに、アクセントを付け加えた。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2641352 0 エンタメ・文化 2021/12/31 11:37:00 2021/12/31 14:00:43 2021/12/31 14:00:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211229-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)