読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「五輪反対デモ参加し現金」確認せず番組で紹介、NHKがおわび放送…「河瀬さんらに責任ない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NHK大阪拠点放送局は9日、昨年12月26日に放送したBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」で、インタビューした男性について、確認が不十分なまま「東京五輪反対デモにお金をもらって参加した」という趣旨の字幕をつけて紹介していたと発表した。NHKは謝罪し、9日夜におわび放送を行った。

確認が不十分なまま付けられた「五輪反対デモに参加しているという男性」のテロップ部分(昨年12月26日放送のBS1スペシャルより)
確認が不十分なまま付けられた「五輪反対デモに参加しているという男性」のテロップ部分(昨年12月26日放送のBS1スペシャルより)

 制作した同局によると、男性は取材に対し、「これまで複数のデモに参加して、現金を受け取ったことがあり、五輪反対デモにも参加して現金を受け取る意向がある」と説明。番組では、東京五輪反対デモへの参加と金銭授受の有無を確認せずに紹介した。放送後、視聴者からの問い合わせを受け、1月に再取材した結果、男性の記憶が曖昧で、事実関係がはっきりしないことが分かったという。

 番組は、東京五輪の公式記録映画監督を務める河瀬直美さん(52)に制作スタッフが密着し、賛否の声がぶつかった東京五輪を見つめ直す内容だった。同局は「番組の取材・制作はすべてNHKの責任で行っており、公式記録映画とは内容が異なる。河瀬さんらに責任はない」としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2660734 0 エンタメ・文化 2022/01/09 18:27:00 2022/01/09 22:56:42 2022/01/09 22:56:42 確認が不十分なまま「五輪反対デモに参加しているという男性」とのテロップが付されて放送された昨年12月26日のBS1スペシャル(番組より) https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220109-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)