仏映画監督のジャン・ジャック・ベネックスさん死去…「ディーバ」「ベティ・ブルー」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 AFP通信によると、1980年代のフランスを代表する映画監督ジャン・ジャック・ベネックスさんが13日、パリの自宅で死去した。75歳だった。長く闘病していたという。

ジャン・ジャック・ベネックス(2016年撮影)
ジャン・ジャック・ベネックス(2016年撮影)

 パリ生まれ。81年に発表した初長編「ディーバ」で、独創的な映像美を評価された。86年の「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」では、狂おしい愛のために破滅していく男女を大胆なタッチで描き、仏映画界に旋風を巻き起こした。同作は日本でもヒットし、レオス・カラックス監督らとともに、80年代のミニシアターブームをけん引した。親日家として知られ、日本の「オタク」現象をテーマにした仏のドキュメンタリー番組を手がけたほか、2016年の東京国際映画祭では審査委員長を務めた。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2676735 0 エンタメ・文化 2022/01/15 18:46:00 2022/01/15 19:37:12 2022/01/15 19:37:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220115-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)