日本テレビの桝太一アナ、3月末で退社し大学研究員に転身

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本テレビの桝太一アナウンサー(40)が3月末で退社し、大学研究員に転身すると、自身がキャスターを務める23日放送の同局「真相報道バンキシャ!」で明らかにした。退社後も同番組のキャスターは続ける。

日本テレビの桝太一アナウンサー
日本テレビの桝太一アナウンサー

 発表によると、桝さんは4月から同志社大学ハリス理化学研究所の専任研究所員(助教)として勤務する予定。科学を社会に適切に伝える方法について研究するという。

 桝さんは「入社して16年、様々なジャンルの番組を担当する中で、『どうすればもっと適切に科学を伝えられて、より良い社会に貢献できるだろう?』と考え、悩み続けてきた。それを解決する手段の一つが、科学と社会をつなぐ『サイエンス・コミュニケーション』という学問分野。40歳を迎えたことを一つの節目として、今後の人生を使って本格的に取り組んでいこうと決意した」とコメントしている。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2697479 0 エンタメ・文化 2022/01/23 19:29:00 2022/01/24 05:38:00 2022/01/24 05:38:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/masu.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)