「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が興行収入1位…全体では前年に次ぐワースト2位

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本映画製作者連盟(島谷能成会長)は25日、2021年の映画興行収入が、前年比13%増の1618億9300万円だったと発表した。長引くコロナ禍の影響で、興行収入の発表を始めた2000年以降で最低だった前年に次ぐ、ワースト2位の記録となった。

3年ぶり復活、嫁入り舟に祝福の拍手…花嫁「感慨深い」
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場するJR宇部新川駅はファンの聖地となっている
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場するJR宇部新川駅はファンの聖地となっている

 最大の要因は、大作の公開延期が続く洋画の低迷で、前年を1・3%下回る335億5400万円にとどまった。一方、邦画は前年比17・4%増の1283億3900万円と、2000年以降で3位となる興行収入まで持ち直した。邦画・洋画を合わせた公開本数は959本と、9年ぶりに1000本を切った。

 今年1月23日現在での興行収入は、邦画の1位が「シン・エヴァンゲリオン劇場版」で102億8000万円。洋画は「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で36億7000万円だった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2703347 0 エンタメ・文化 2022/01/25 18:44:00 2022/01/26 09:48:22 2022/01/26 09:48:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220125-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)