紙の書籍販売、15年ぶりプラス…巣ごもり需要で児童書や文芸書が好調

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 出版社や出版取次などで作る調査機関「出版科学研究所」は25日、2021年の紙と電子を合わせた出版物の推定販売金額が前年比3・6%増の1兆6742億円となり、3年連続で増加したと発表した。電子出版の拡大に加え、紙の書籍が同2・1%増の6804億円と、15年ぶりにプラスに転じた。コロナ禍の巣ごもり需要で売り上げが好調だったという。

マスク着用、屋外で会話少なければ必要なし…厚労省助言機関が見解
「推し、燃ゆ」で芥川賞を受賞した宇佐見りんさん
「推し、燃ゆ」で芥川賞を受賞した宇佐見りんさん

 同研究所によると、紙の書籍では絵本、図鑑、学習漫画などの児童書が好調で同4%増。文芸書も同3%増で、芥川賞を受けた宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」や、本屋大賞に輝いた町田そのこさんの「52ヘルツのクジラたち」などの話題作が売れた。

 一方、紙の雑誌は若者向けファッション誌「JJ」や老舗雑誌「日本カメラ」などの休刊が相次ぎ、同5・4%減の5276億円。雑誌の不調が響き、紙の出版物全体では同1・3%減の1兆2080億円で、17年連続のマイナスとなった。

紀伊国屋書店(東京・新宿)
紀伊国屋書店(東京・新宿)

 電子出版は電子コミックが好調で、同18・6%増の4662億円。出版市場全体に占める割合は27・8%で、前年から3・5ポイント上昇した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2703384 0 エンタメ・文化 2022/01/25 19:00:00 2022/01/25 19:00:00 2022/01/25 19:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220125-OYT1I50115-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)