「御三家」の西郷輝彦さん死去、75歳…代表曲に「星のフラメンコ」・「どてらい男」で主演

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「星のフラメンコ」などのヒット曲で知られ、テレビや映画で活躍した歌手、俳優の西郷輝彦(さいごう・てるひこ、本名・今川盛揮=いまがわ・せいき)さんが20日、前立腺がんのため東京都内の病院で死去した。75歳だった。葬儀は近親者で行う。

西郷輝彦さん(2011年撮影)
西郷輝彦さん(2011年撮影)

 鹿児島県出身。1964年に「君だけを」でデビュー。同年発表した「十七才のこの胸に」もヒットし、日本レコード大賞新人賞を獲得した。「好きなんだけど 離れてるのさ」と情感豊かに歌い出す、66年の「星のフラメンコ」は代表曲となった。

代表曲の「星のフラメンコ」
代表曲の「星のフラメンコ」

 甘い歌声と端正な顔立ちで女性ファンをつかんだ。橋幸夫さん、舟木一夫さんとともに歌謡界の「御三家」と呼ばれ、アイドル歌手の先駆的存在となった。64年から10年連続で「NHK紅白歌合戦」に出場した。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2779273 0 エンタメ・文化 2022/02/21 13:12:00 2022/02/21 22:02:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220221-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)