「ゴジラ」第1作主演、宝田明さん87歳で死去…長身と美声でミュージカルスターに

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 映画「ゴジラ」に主演し、ミュージカル草創期を支えた俳優の宝田明(たからだ・あきら)さんが14日午前0時31分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。87歳だった。告別式は近親者で済ませた。

宝田明さん
宝田明さん

 10日に主演映画「世の中にたえて桜のなかりせば」(4月1日公開予定)の完成披露舞台あいさつに出席していた。

 朝鮮半島の清津生まれ。東宝ニューフェース第6期生として1954年にデビューし、同年、日本の怪獣映画の元祖「ゴジラ」第1作でゴジラに立ち向かう青年役を演じた。その後は二枚目スターの地位を確立し、長身と豊かな美声をいかして60年代から舞台に進出。「アニーよ銃をとれ」「風と共に去りぬ」「マイ・フェア・レディ」などに出演、ミュージカルスターとなった。

宝田さん(中央)が出演した「ゴジラVSモスラ」(1992年)。対ゴジラ作戦を主導する官僚役を演じた (c)TOHO CO., LTD.
宝田さん(中央)が出演した「ゴジラVSモスラ」(1992年)。対ゴジラ作戦を主導する官僚役を演じた (c)TOHO CO., LTD.

 映画俳優としては、伊丹十三監督の「あげまん」「ミンボーの女」などに出演。従来の二枚目イメージを誇張した軽妙な演技を見せた。また、「ゴジラは僕の永遠の同級生だ」との自負を持ち、晩年までゴジラ映画に関わった。

 11歳の時、満州(現中国東北部)で終戦を迎え、日本への引き揚げ時に過酷な体験をしたことなどから、戦争反対のメッセージを訴え続けた。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2845800 0 エンタメ・文化 2022/03/18 08:53:00 2022/04/16 09:00:04 2022/04/16 09:00:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220318-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)