「装丁の第一人者」ブックデザイナーの菊地信義さん死去…78歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本の装丁の世界の第一人者として知られたブックデザイナーの菊地信義(きくち・のぶよし)さんが3月28日、心不全で死去した。78歳だった。告別式は近親者で済ませた。喪主は妻、妙子さん。

菊地信義氏
菊地信義氏

 東京都出身。多摩美術大中退後、1977年に独立。タイトルの文字に揺らぎを持たせるなど特徴的なデザインを考案した。俵万智さんの歌集「サラダ記念日」の装丁を手掛けたことでも知られる。澁澤龍彦「高丘親王航海記」など一連の作品で88年、講談社出版文化賞ブックデザイン賞を受賞した。

 装丁を担当した主な本に、「古井由吉自撰作品」など。著書に「菊地信義の装幀」。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2904553 0 エンタメ・文化 2022/04/08 10:42:00 2022/04/08 10:42:00 2022/04/08 10:42:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220408-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)