義経役に伊藤健太郎さん「光栄です」…平泉で3年ぶりの東下り行列

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岩手県平泉町で3日、春の藤原まつりの最大の呼び物「源義経公東下り行列」が3年ぶりに開催された。

G7、ロシア制裁に加わらぬ招待5か国に秋波送るが…対露での温度差埋まらず協力範囲未知数
義経役を演じた伊藤健太郎さん(3日、毛越寺で)
義経役を演じた伊藤健太郎さん(3日、毛越寺で)

 兄の源頼朝に追われ、平泉に逃れた義経らを、藤原秀衡が出迎えた場面を再現した催しで、新型コロナウイルスの影響で2020年から中止が続いていた。

 今年の義経役は、俳優の伊藤健太郎さん(24)が務めた。約100人の行列は毛越寺を出発し、JR平泉駅前を経て中尊寺までの約3・5キロ・メートルを行進し、沿道を埋め尽くした観客らは壮大な歴史絵巻を堪能した。

 伊藤さんは「伝統ある祭りに、多くの俳優が務めた義経役で参加できたのは光栄です」と話していた。

 3日午前9時45分頃、平泉町の中尊寺駐車場で、春の藤原まつりの「源義経公東下り行列」に騎馬武者として参加する準備をしていた同県一関市の男性会社員(66)が暴れた馬から落ち、近くの病院に搬送された。一関署の発表によると、男性は頭を強く打ち、あばら骨を折ったが、命に別条はないという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2972509 0 エンタメ・文化 2022/05/04 13:53:00 2022/05/04 14:20:12 2022/05/04 14:20:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220504-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)