言葉の説明、「どれも同じ」ではないのだ…[辞書を開く]<1>

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年、半年ほどかけて小型の国語辞典を通読した。コロナ禍の在宅時間に何かまとまったことを、と思い立った。初めて見る語や意味が次々と現れる。新聞記者は言葉を扱う仕事なのに、辞書のことをあまり知らない……。少々反省しつつ、多彩な辞書をひもとくと、それぞれに日本語と懸命に向き合い、格闘する世界が見えてきた。(編集委員 伊藤剛寛)

言葉あるところ、新語・用例求めどこまでも…[辞書を開く]<3>

各社が考え抜いた語釈

日本国語大辞典
日本国語大辞典
大辞泉
大辞泉

 辞書編集部を舞台にした小説「舟を編む」(三浦しをん著、光文社)が本屋大賞を受賞して今年で10年。今も読み継がれる同書に、「島」の語釈を談じるシーンがある。

 主人公の同僚はかつて、「海にぽっかり浮かんでいるもの」と答えて叱られた。それでは「クジラの背中」も「島」になってしまう。

 言われると難しい。辞書には各社が考え抜いた語釈が書かれている。

 広辞苑には、「周囲が水によって囲まれた小陸地」「ある限られた地域」「沖縄で、自分の生まれ暮らす地域」などが載る。

 明鏡国語辞典には「会社などで、グループごとの机のかたまり」という記述がある。新明解国語辞典には「特に、東京兜町を指して言うこともある」とも。辞書はどれも同じではなく、きらりと光る個性がある。

広辞苑
広辞苑
大辞林
大辞林
岩波国語辞典
岩波国語辞典
三省堂国語辞典
三省堂国語辞典
新明解国語辞典
新明解国語辞典
明鏡国語辞典
明鏡国語辞典

集英社国語辞典
集英社国語辞典
新選国語辞典
新選国語辞典
学研現代新国語辞典
学研現代新国語辞典
旺文社国語辞典
旺文社国語辞典
ベネッセ表現読解国語辞典
ベネッセ表現読解国語辞典

 広辞苑の前の版には「沖縄で――」の語釈はない。「改訂で沖縄関連の言葉を増やす方針を立てた」(岩波書店辞典編集部)。同じ辞書も、改訂を重ねて常に進化している。

 日本語学者で、タレントのサンキュータツオさんに主な辞書の特徴などについて聞いた。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3003922 0 エンタメ・文化 2022/05/17 15:00:00 2022/05/17 15:12:31 2022/05/17 15:12:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220513-OYT8I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)