3年ぶり復活、嫁入り舟に祝福の拍手…花嫁「感慨深い」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茨城県潮来市の水郷潮来あやめ園で21日、白 無垢むく 姿の花嫁が小舟に乗って花婿のもとに向かう恒例の「嫁入り舟」が行われた。新型コロナウイルスの影響で過去2年は中止されたが、3年ぶりに復活した。

北京市トップ、ゼロコロナ「今後5年堅持」と発言か…SNS上で猛反発が起き報道修正
3年ぶりに復活した「嫁入り舟」(21日、潮来市で)=園田寛志郎撮影
3年ぶりに復活した「嫁入り舟」(21日、潮来市で)=園田寛志郎撮影

 かつて水上交通が盛んだった地域の風習を再現したもので、前日開幕した「あやめまつり」のイベントとして行われている。まつり期間(6月19日まで)中、29組のカップルが参加予定で、このうち9組はコロナ禍の中止で乗船できなかった「待機組」だ。

 手こぎ舟が花嫁を乗せてゆっくり進むと、岸辺の見物客は新型コロナ対策のため拍手で祝った。2年待って参加した潮来市の女性(32)は「改めて多くの人たちに祝福され、感慨深い」と話していた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3020688 0 エンタメ・文化 2022/05/22 14:04:00 2022/05/22 14:04:00 2022/05/22 14:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)