ノーベル賞を目指したはずが、東大卒でポーカーのプロに「やっちまった」後の逆転人生…WSOPに参戦

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「なんで、私が東大に!?」という予備校の広告はよく見かけるが、「なんで、東大卒でポーカーを!?」と聞かれる人は、そういない。10年前、日本人で初めて世界最高峰の「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー(WSOP)」を制した木原直哉プロ(40)。今年も5月31日に米国ラスベガスで開幕するWSOPに参戦する。一体、どんな中高生時代を過ごしてきた人なのか。(読売中高生新聞)

草間彌生さん「一緒にたたかっていこうね」…中高生へのメッセージ

ポーカーは頭脳ゲーム、ギャンブルとの違い

高3の学校祭はクラス全員でピカチュウになり、街中を練り歩いた
高3の学校祭はクラス全員でピカチュウになり、街中を練り歩いた

 「小・中学での将来の夢は学校の先生、高校では物理や数学の研究者を目指していました。当時の自分から見れば、『なんで、私がポーカープロに!?』です(笑)。

 ちなみに、ポーカーはトランプを使った頭脳ゲームです。互いの手札がわからない中、対戦相手の考えを読む洞察力・論理的思考力に加え、どんどん変わる状況への対応力・判断力も求められます。運頼みのギャンブルとは違います。

世界最高峰の「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー」(米国ラスベガス)に5月末から参戦する木原直哉さん=米田育広撮影
世界最高峰の「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー」(米国ラスベガス)に5月末から参戦する木原直哉さん=米田育広撮影

 1回の対戦なら運も大きな要素ですが、10万回も繰り返せば、実力に応じた勝敗数におおむね収まります。そこに、ポーカーを職業とする余地があります。5年たてば半数以上がやめる、入れ替わりの激しい仕事ですが」

異次元のチーターを目の当たりに

「中学受験」という言葉さえ知らなかった小6の頃=卒業アルバムから
「中学受験」という言葉さえ知らなかった小6の頃=卒業アルバムから

 厳しい実力の世界で生きる木原さんは、小1で珠算を始めて中2で6段に達し、暗算も8段に。どれほどすごいのか想像しにくいが、そういう暗算力・計算力あっての世界制覇だったのだろうか。

 「有利にはなりますが、必須ではありません。単純化して、『3桁の数字を15個足す計算』を頭の中で11秒で終えるのが暗算8段、10秒なら9段、9秒で最高位の10段と考えてください。

 ところが中学生のとき、全国レベルの大会で『3桁15個』を3秒で答える人を目の当たりにしました。人間がチーターに短距離走を挑むくらい、異次元の世界です。とてもかなわない。以来、本当の得意分野を見つけて、そこで努力を重ねることが大事なんだと、子ども心に考えるようになりました。

 自分の能力を問われて思い浮かぶのは“確率の感覚”です。ポーカーでは、場に出ているカードや自分の手札から、有利・不利の確率を直感する力が大切です。

 小5の1月、自宅で購読していた新聞の紙面にセンター試験(現・大学入学共通テスト)の問題が例年同様に載り、それを解こうとしても大半の問題は当然わかりません。でも、数学の『確率・場合の数』の問題だけすべて正解でした。偶然かもしれませんが(笑)」

1

2

3

4

5

最新のニュースがわかりやすく、キャリア教育・エンタメ・学習の情報も充実の読売中高生新聞は、毎週金曜発行です。ご購読のお申し込みは、こちらから!
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3035953 0 エンタメ・文化 2022/05/27 18:30:00 2022/05/31 14:14:36 2022/05/31 14:14:36 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220526-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)