ミスねぶたに台湾出身の25歳…3年ぶり開催、青森ねぶた祭をPR「けっぱります」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3年ぶりに開催される「青森ねぶた祭」(8月2~7日)を前に、「ミスねぶたコンテスト」(青森市など主催)が4日、青森市安方の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で開かれ、台湾出身で市国際交流員の呉詠心さん(25)が最高賞のミスねぶたグランプリに輝いた。

グランプリの呉さん(中央)とミスねぶたの法官さん(左)、吉崎さん(4日、青森市で)
グランプリの呉さん(中央)とミスねぶたの法官さん(左)、吉崎さん(4日、青森市で)

 青森県内外から45人の応募があり、コンテストには、書類選考を通過した12人が出場。ねぶた祭はコロナ禍で2年連続で中止になったが、12人は「静かで寂しくなってしまった青森の夏を再び盛り上げ、花を添えられるよう笑顔で頑張りたい」などとアピールした。

 呉さんは「まだ実感が湧かないが、この機会に青森ねぶた祭、青森の観光をPRしていきたい。けっぱります」と喜んでいた。

 このほか、ミスねぶたには、 法官香桃ほうがんこもも さん(19)(青森市)と吉崎瑠香さん(22)(秋田県)が選ばれた。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3057945 0 エンタメ・文化 2022/06/05 14:18:00 2022/06/05 16:04:20 2022/06/05 16:04:20 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220605-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)