棟方志功記念館、生誕120周年の23年度末で閉館…コロナ禍で入館者激減

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 20世紀を代表する板画家・棟方志功(1903~75年)の作品を所蔵する「棟方志功記念館」(青森市松原)について、運営する財団法人は18日、2023年度末に同館を閉館すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で入館者が激減し、経営環境が悪化したため。

世界水泳バタ銅の本多灯らコロナ陽性…回復待ちハンガリーから帰国へ
閉館が決まった棟方志功記念館(18日、青森市で)
閉館が決まった棟方志功記念館(18日、青森市で)

 1975年に開館した同館は、棟方の板画や油絵など約2000点を所蔵。生誕100周年にあたる2003年度には約6万6500人の入館者を記録するなど、県内外のファンに親しまれてきた。

棟方志功
棟方志功

 ただ、コロナ禍の影響が大きくなった20、21年度の入館者数は2年連続で1万人を下回り、資金繰りに苦難。23年度は棟方の生誕120周年にあたることから、特別展の開催を節目に閉館することを決めたという。

 同館が所蔵する作品は、既に一部が県立美術館(同市安田)に保管されており、展示は同美術館で引き続き行われる。他の作品についても、同美術館への集約を含めて県と協議する方針だ。

 報道陣の取材に応じた小野次郎理事長は「閉館を前に、多くの愛好家と同じようにさみしい思いだ。23年度は最後にふさわしい盛り上げを作っていきたい」と話した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3102447 0 エンタメ・文化 2022/06/23 18:46:00 2022/06/23 18:47:54 2022/06/23 18:47:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220618-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)