村治佳織さん喜ぶ「ちゃんと脚を広げて弾ける」…美しく舞台映え、演奏者用のドレス登場

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 クラシック音楽のコンサートでは、「お姫様」のようにきらびやかなドレスが女性の演奏者の定番ファッションだった。そんな定番とはひと味違う衣装を演奏者自身が提案する動きが現れている。音楽家ならではの目線で工夫された衣装は他のプロ演奏者からも注目を集めており、舞台衣装の多様化が進みそうだ。(デジタル編集部 谷口愛佳)

音楽祭家族向けに一新 11月、春日部 「しんちゃん」主題歌など

バイオリニスト花井悠希さん、音楽家目線でデザイン

 自らもバイオリニストとして活躍する花井悠希さんがデザイナーを務める「PANORMO(パノルモ)」の服は、音楽家が舞台で演奏しやすく、美しく映えるように考えられている。

プリーツを施すことで脚を広げやすくしたワンピース=PANORMO提供
プリーツを施すことで脚を広げやすくしたワンピース=PANORMO提供
左肩に楽器を載せて弾くバイオリニストを意識して、右側に多く折り目をつける意匠にしたワンピース=PANORMO提供
左肩に楽器を載せて弾くバイオリニストを意識して、右側に多く折り目をつける意匠にしたワンピース=PANORMO提供

 演奏時に脚を広げるチェリストやギタリストらが身動きしやすいようにプリーツをあしらった服。左肩に楽器を載せて弾くバイオリニストでも衣装が舞台映えするように右側にたくさん折り目をつけてアシンメトリーにしたワンピース……。

村治佳織さん(2018年8月撮影)
村治佳織さん(2018年8月撮影)

 「ギタリストの村治佳織さんに着てもらったところ、『ちゃんと脚を広げて正しい姿勢で弾ける』と喜んでもらえました」と、花井さんは笑顔を見せる。

 衣装はオンラインストアやセレクトショップで販売し、クラシック音楽の関係者だけでなく、ピアニストのユーチューバーや人気バンドのボーカリストらにも愛用されているという。

当たり前に着ていたカラードレス

 花井さんは3歳からバイオリンを習い始め、クラシックのコンサートやコンクールなどの舞台に立ってきた。結婚式のお色直しで見かけるようなAラインのカラードレスを着ることが多く、花井さん自身も「当たり前に疑うことなく着ていた。そういうものだと思っていた」と振り返る。

1

2

3

4

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3135958 0 エンタメ・文化 2022/07/03 13:46:00 2022/08/02 14:36:48 2022/08/02 14:36:48 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220621-OYT1I50073-T-e1656825471514.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)