<速報> 女子100平泳ぎ、鈴木聡美が日本勢初の金メダル…アジア大会
    文字サイズ
    講座情報

    粋とヤボと伝統と~落語家・権太楼の了見

    申し込みはこちらから

     

    芸歴48年、落語界の重鎮が語る「粋とヤボと伝統」とは

     春風亭一之輔、桃月庵白酒ら「落語会のチケットが取れない人気者」が次々と現れ、「深夜寄席」「成金」などの若手二ツ目公演に落語初心者が殺到。ここ数年の落語ブームはとどまるところを知りません。落語を中心とする大衆演芸は「古くて新しい現代のエンターテインメント」として定着しつつあります。

     満員御礼の落語会や寄席興行の中核として、名作、大ネタ、爆笑物など様々な演目を演じ続ける柳家権太楼さんは今年で芸歴48年、誰もが認める落語界のトップランナーです。

     

     戦後の落語ブームが終わり、寄席が低迷していた1970年に落語の世界に飛び込んだ権太楼さん。その卓越した笑いのセンスと愛嬌(あいきょう)のあるキャラクターでたちまち頭角を現しました。そして師匠である五代目小さんや古今亭志ん朝ら、名人の下で芸を磨きながら、長年にわたって「寄席に客を呼び返そう」と渾身(こんしん)の高座を続けてきました。その姿勢は紫綬褒章、芸術選奨文部科学大臣賞など数々の賞に輝き、落語界の重鎮となった今も変わることはありません。

     

     本講座の前半では、権太楼さんの波乱の半生をたどります。また、懐かしい名人たちの素顔や古今東西の芸論芸談などにも触れながら、400年以上の歴史を持つ伝統芸・落語の世界を巡ります。

     粋とヤボと、江戸っ子や昔ながらの東京人の了見。

     伝統の世界にある文化と知恵の中には平成の終わりを生きる我々現代人にとっても、貴重なヒントが隠れているはずです。

     

     後半は、特別企画として特設高座での実演を行います。「権太楼十八番」の中からとっておきの爆笑落語を披露、権太楼一家の大黒柱で大工の棟梁(とうりょう)の娘だった母親・静子さんの抱腹絶倒の秘蔵映像もお楽しみいただきます。

    講師プロフィル

    柳家権太楼(やなぎや・ごんたろう)

     1947年東京・滝野川生まれ。落語家。本名・梅原健治。明治学院大学卒。70年、五代目柳家つばめに入門。74年、五代目柳家小さん門下へ。82年、真打昇進し、三代目柳家権太楼を襲名。2012年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞。13年、紫綬褒章受章。

     古希を過ぎた現在も「平成の大看板」として観客を沸かせている。最新の著書に『落語家魂! 爆笑派・柳家権太楼の了見』(長井好弘編/中央公論新社刊)。

     

    講師 柳家権太楼(落語家)
    日時 2018年6月1日(金)19時~20時45分 (開場18時30分)
    会場 読売新聞ビル3階新聞教室(東京都千代田区大手町1-7-1)
    定員 100名(定員に達し次第締め切ります)
    受講料 5,400円(税込み)

     ※申し込みはこちらから

     ※お申し込みは先着順です。定員に達し次第受け付け終了となります

     ※お申し込み後のキャンセル、払い戻し、振り替え、ご参加いただけなかった場合の事後の払い戻しなどはいたしておりませんので、ご了承のほどお願いいたします。

     ※企画内容、時間などは予告なく変更になる場合があります。

     ※講師の急病や天災、その他のやむをえない不可抗力の事情が生じた場合は当日でも講座を中止する場合があります。

     

    【お問い合わせ】

     メールにて受け付けます。 アドレスはこちら

    • 『落語家魂!-爆笑派・柳家権太楼の了見』(中央公論新社) 
      『落語家魂!-爆笑派・柳家権太楼の了見』(中央公論新社) 


    2018年06月22日 10時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ