<速報> 神戸製鋼、サントリー破り優勝…ラグビー日本選手権
    文字サイズ
    講座情報

    心を動かす表現術――ヒット作の秘密を明かす

     申し込みはこちらから

    「心を動かす表現」についてヒットメーカー2人が語る

    • 川村元気氏
      川村元気氏
    • 高崎卓馬氏
      高崎卓馬氏

     『君の名は。』などの映画プロデューサーとして知られ、10月19日より公開の映画『億男』の原作も手がける川村元気さん。サントリーやトヨタ、JR東日本などの数々の印象的なCMをつくり、小説や映画の脚本も手がけるクリエーティブ・ディレクターの高崎卓馬さん。映画、CM、小説と分野を超えて“表現”の世界の第一線で活躍し、互いの仕事をリスペクトする2人が、「心を動かす表現はどうしたらつくれるのか」について語り合います。

     テレビや活字メディアにかつての力がなくなり、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で「いいね!」ばかりが拡散される時代に、クリエーティブはどうあるべきか。「物語」や「映像」「言葉」で人の心を動かし、ヒット作を生み出し続ける秘密はどこにあるのか。

     超多忙なクリエーティブのトップランナー2人が互いの手の内を明かし議論する、刺激的かつ濃密な時間をお約束いたします。クリエーターのみならず、「伝わる」表現とは何かを知りたい方、仕事でヒットを生み出したい方は必見の講座です。

    講師 川村元気(映画プロデューサー・小説家)、高崎卓馬(電通エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/CMプランナー)
    日時 2018年11月1日(木)19時~20時45分 (開場18時30分)
    会場 読売新聞ビル3階新聞教室(東京都千代田区大手町1-7-1)
    定員 100人(定員に達し次第、締め切ります)
    受講料 受講券(先着70席)5,400円(税込み)

     ※10月10日(水)正午から申し込み開始。講座詳細はこちらから

     ※お申し込みは先着順です。定員に達し次第、受け付け終了となります。

     ※お申し込み後のキャンセル、払い戻し、振り替え、ご参加いただけなかった場合の事後の払い戻しなどはいたしておりませんので、ご了承のほど、お願いいたします。

     ※企画内容、時間などは予告なく変更になる場合があります。

     ※講師の急病や天災、その他のやむをえない不可抗力の事情が生じた場合は当日でも講座を中止する場合があります。

    【お問い合わせ】

    メールにて受け付けます。アドレスはこちら

    講師プロフィル

    川村 元気(かわむら・げんき)

     1979年、横浜生まれ。『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『君の名は。』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、11年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年、初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。140万部突破のベストセラーとなり、米国、フランス、ドイツ、中国、韓国、台湾などで出版される。14年、絵本『ムーム』を発表。Robert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化され、全世界32の映画祭にて受賞。同年、小説2作目『億男』を発表。76万部を超えるベストセラーとなり、今年10月、佐藤健、高橋一生出演での映画が公開予定。16年、小説3作目『四月になれば彼女は』を発表する。18年、カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に初監督映画『どちらを選んだのかは分からないが、どちらかを選んだことははっきりしている』(佐藤雅彦・東京芸大教授らと共同監督)が選出される。その他の著書に、対話集『仕事。』『理系に学ぶ。』『超企画会議』など。

    書籍『億男』(文春文庫)


    映画『億男』

    • ©2018映画「億男」製作委員会
      ©2018映画「億男」製作委員会


     10月19日(金)全国東宝系にてロードショー

    書籍『仕事。』(文春文庫)


    映画『来る』

    • ©2018「来る」製作委員会
      ©2018「来る」製作委員会


     12月7日(金)全国東宝系にてロードショー

    高崎 卓馬(たかさき・たくま)

     1969年、福岡県生まれ。早稲田大学法学部卒業。電通エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/CMプランナー。JAAAクリエイター・オブ・ザ・イヤー、TCCグランプリ、ACC、NYADC、カンヌ国際広告賞、ONE SHOW、アドフェストグランプリなど、国内外の受賞多数。最近の仕事に、JR東日本「行くぜ、東北」、サントリーオランジーナ「ムッシュはつらいよ」など。映画『ホノカアボーイ』の脚本・プロデュース、ドラマ『蒼井優の4つの嘘』脚本、『上野樹里の5つの鞄』監督・脚本、小説『はるかかけら』の執筆など、分野を超えて活躍している。

    書籍『表現の技術』(中公文庫) ※10月23日発売予定

    2018年10月05日 11時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ
    ブログ