新書大賞受賞記念講座「兵士の目線で戦場を見る」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 申し込みはこちらから

若い世代にも、兵士が感じた痛みや重さを追体験してもらう

 「新書大賞2019」で大賞を受賞した「日本軍兵士――アジア・太平洋戦争の現実」(中公新書)の著者、吉田裕さんが「大手町アカデミア」に登場します。

 「新書大賞」は中央公論新社が主催。今回は2017年12月~18年11月に発行された新書の中から、「日本軍兵士――アジア・太平洋戦争の現実」が「最高の1冊」に選ばれました。同著は、「第30回アジア・太平洋賞」特別賞の1点にも選ばれるなど高い評価を得て、20万部のベストセラーになっています。

 「中央公論」3月号の大賞受賞者インタビューで、吉田さんは「若い世代に届く言葉で書くことを強く意識して執筆しました」と述べ、若い世代を意識したことを明らかにしています。文体については、「軍事用語は説明を加えてわかりやすく()みくだき、論文調の硬く長い文体は、柔らかく短めにしました」と、読みやすい表現に努めたといいます。

 吉田さんは大賞受賞作の「はじめに」で、執筆上重視した三つの問題意識の一つとして、「兵士の目線」や「兵士の立ち位置」から戦場をとらえ直すことを挙げています。凄惨(せいさん)な戦場の現実、俳人であり、元兵士だったという金子兜太(とうた)のいう「死の現場」を再構成してみることです。

 痛みや重さなど兵士の身体感覚を随所に描写することで、読者が自分のことのように捉えられるように努めたそうです。アジア・太平洋戦争は長期化し、戦場では歯磨きする余裕さえなく、兵士に虫歯や歯槽膿漏(のうろう)が広がっていたのに、治療体制が整備されていなかったそうです。

 異常に高い餓死率、30万人を超えた海没死、戦場での自殺、特攻、体力が劣悪化した補充兵、靴に(さめ)皮まで使用した物資欠乏……。兵士たちが体験した凄惨な現実を伝えています。

 また、アニメ映画化されて大ヒットした『この世界の片隅に』や、『ペリリュー』など、戦争を題材にして最近話題になった漫画作品にも触れながら、戦時下の日常生活についても言及します。

講師プロフィル

吉田裕(よしだ・ゆたか)

 1954年、埼玉県生まれ。東京教育大学文学部卒業後、一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。一橋大学教授等を経て、現在は一橋大学大学院特任教授。専攻は日本近現代政治史。主な著書に「昭和天皇の終戦史」(岩波新書)、「日本人の戦争観」(岩波現代文庫)、「アジア・太平洋戦争」(岩波新書)、「日本軍兵士」(中公新書、『アジア・太平洋賞特別賞』・『新書大賞』受賞)などがある。

☆「新書大賞2019 大賞受賞者インタビュー」はこちら

講師吉田裕氏
日時2019年4月4日(木)19時~20時20分
会場読売新聞ビル3階新聞教室(東京都千代田区大手町1-7-1)
受講料2160円(消費税を含む)
定員100人(定員に達し次第、締め切ります)
特典 1.新書大賞の結果をまとめた『中央公論』2019年3月号を各1冊配布
2.当日、会場で『日本軍兵士』を特別価格で販売

 ※講座詳細はこちらから

※お申し込みは先着順です。定員に達し次第受付終了となります。

※お申し込み後のキャンセル、払い戻し、振り替え、ご参加いただけなかった場合の事後の払い戻しなどはいたしておりませんので、ご了承ください。

※企画内容、時間などは予告なく変更になる場合があります。

※講師の急病や天災、その他のやむをえない不可抗力の事情が生じた場合は、当日でも講座を中止する場合があります。

【お問い合わせ】

メールにて受け付けます。アドレスはこちら

無断転載禁止
461598 0 大手町アカデミア 2019/02/25 15:00:00 2019/07/05 14:32:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190225-OYT8I50011-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ