古民家ツーリズム 観光戦略のカギに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 古民家に滞在して地域の文化や暮らしに親しんでもらう「古民家ツーリズム」が、訪日外国人客らの間で人気を集めている。有名な観光地に飽き足らず、趣のある町並みや素朴な風景がある地方部を訪れる人々が増えていることが背景にある。政府は「2020年に訪日外国人客4000万人」という目標を掲げるが、それぞれの地域の価値を高めていく取り組みがますます求められそうだ。(調査研究本部主任研究員 黒川茂樹)

「分散型の宿」で活気戻る

江戸時代の古民家を活用した宿泊施設「矢掛屋」(岡山県矢掛町)
江戸時代の古民家を活用した宿泊施設「矢掛屋」(岡山県矢掛町)

 江戸時代の宿場町の風情を残す岡山県矢掛町(やかげちょう)には、古民家3棟を再生した宿泊施設「矢掛屋」があり、多くの外国人客が訪れている。「朽ち果てていたような街に、外国の方が浴衣で歩く風景が見られるようになった。町から出ていった若者が雇用を求めて戻ったり、小料理屋やおでん屋をやったりして、活気づいている」。岡山商工会議所の松田久会頭は、7月に東京都内で行われた日本商工会議所の夏季政策懇談会で胸を張った。

 矢掛町と矢掛屋は18年6月、イタリアの民間団体から、「アルベルゴ・ディフーゾ」(分散型の宿)の国内第1号として認定され、欧米からの客らにアピールしやすくなった。「アルベルゴ・ディフーゾ」は、廃村の危機にあった伝統集落を再生するため1980年代からイタリアで広がった取り組みで、街全体をホテルに見立てて、地元の人々とふれあうことができる持続的な観光拠点づくりを目指す。

 

漁港近くがおしゃれに再生

用宗みなと温泉の「富士見テラス」。シラス漁船が行き交う漁港に面し、クラフトビールを飲みながら、富士山の眺めを楽しむこともできる
用宗みなと温泉の「富士見テラス」。シラス漁船が行き交う漁港に面し、クラフトビールを飲みながら、富士山の眺めを楽しむこともできる

 古民家や老朽化した建物を再生する動きは日本各地で広がる。シラス漁船が港内を行き交う静岡市駿河区の用宗(もちむね)。古民家を改修した1棟貸しの宿泊施設「日本(いろ)」(計6棟)や、マグロの加工工場をリノベーション(改装)した温泉施設「用宗みなと温泉」が人気を集めている。温泉施設は昨年12月にオープンしたばかりで、湯船から富士山を眺められる天然温泉のほか、クラフトビール醸造所が併設されている。海岸を散歩したりして都会と違った雰囲気に浸る魅力があり、宿泊客の2割程度は外国人客という。

素朴で美しい自然こそが観光資源

 なぜ古民家やリノベーション型のまちづくりが人気なのか。険しい山々に囲まれた秘境・祖谷(いや)(徳島県三好市)など全国各地で古民家再生プロジェクトを進めている東洋文化研究家のアレックス・カーさんは著書「観光亡国論」(中公新書ラクレ)で「地域観光にとって一番大切な資源とは、素朴で美しい風景です」と指摘している。

 「ここに来るとみんな『ホッとする』と言う。木や竹、草…自然のものに触れると安心するのは、人類共通のこと」「祖谷の夜はとっても神秘的だよ。妖怪が出てきそうな本当の『闇』の中、星がきれいに見える」――。カーさんは、三好市が今年春に開設したホームページ「たちばなし」で祖谷に()かれた理由を語っている。

 今年の政府の観光白書は、「訪日外国人旅行者の関心が多様化し、特に『地方型コト消費』に関心が高まっている」と分析している。東京や大阪・京都、名古屋といった3大都市圏以外の「地方」を訪れる訪日客の割合は、12年の46%から18年には58%に高まった。日本を再訪する人の割合が上昇し、かつてのような「爆買い」が見られなくなった一方、スキー・スノーボードや温泉入浴、さらに自然体験ツアー・農山漁村体験などを楽しむ姿が目立つ。

 18年の訪日客数は3119万人と、「2020年に4000万人」の目標が視野に入っているが、18年の消費額は4.5兆円と伸び悩み、「8兆円」の目標は遠い。第一生命経済研究所の小池理人副主任エコノミストは「街歩きなどを含めた長期滞在を前提にしたレジャーの充実が求められる」と強調する。観光戦略では、訪日客数という「量」ばかりが重視されがちだが、むしろ、いかに地域の魅力を高めていけるかという「質」への転換が求められている。

 古民家再生の価値を伝えるアレックス・カーさんを講師に迎えた講演会「美しき日本を求めて―『観光立国』への挑戦―」が8月20日(火)、東京・大手町の読売新聞ビルで開かれます。一般社団法人「読売調査研究機構」(東京)の主催。

 午後7時~8時45分、料金5400円(税込み)。参加者にはカーさんの著書「観光亡国論」をプレゼントします。先着100人。申し込みはチケット販売サイト「ピーティックス」(https://peatix.com/event/732570/)から。問い合わせは、同機構(03・3217・9825)へ。

無断転載禁止
738476 0 読売Biz フォーラム 2019/08/13 17:25:00 2019/08/13 17:25:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190813-OYT8I50045-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ