読売新聞オンライン

メニュー

2021年4月15日開催 「観る将」必見!カメラマンと担当記者が明かす『フォトドキュメント 第33期 竜王戦七番勝負』の舞台裏(無料オンライン配信)

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「読売Bizフォーラム東京」は、一般社団法人 読売調査研究機構と読売新聞社が企画・運営する、旬のトピックをテーマとする講座です。

竜王戦史上初めてリモートカメラを設置

 悲願のタイトル初防衛を狙う豊島将之竜王に、タイトル通算100期がかかる羽生善治九段が挑戦した第33期竜王戦七番勝負。

第5局対局室。中央と左右の3か所に、リモートカメラが設置された(赤丸で囲った部分がカメラ位置)
第5局対局室。中央と左右の3か所に、リモートカメラが設置された(赤丸で囲った部分がカメラ位置)

 名勝負が繰り広げられる中、竜王戦史上初めて、対局室に3台のカメラが設置されました。

 対局室での写真撮影はこれまで、限られた時間しか許されませんでした。

 無音でシャッターを切ることができるリモートカメラシステムを導入し、別室からモニター越しに撮影することで、許可される時間以外での撮影が可能となりました。

トレードマークの寝癖をつけて考慮にふける羽生九段
トレードマークの寝癖をつけて考慮にふける羽生九段

 息詰まる熱戦が繰り広げられる中での棋士の表情や所作。決定的瞬間をとらえた写真は、読売新聞本紙や読売新聞オンライン、SNSなどで大きな反響を呼びました。

写真集を刊行

炭酸飲料の缶で顔を冷やす豊島竜王
炭酸飲料の缶で顔を冷やす豊島竜王

 対局前後を含め、密着取材で撮影した3万枚を超えるカットの中から、約200枚のベストショットを厳選し、これまで目にすることのできなかった棋士たちのリアルな姿を1冊にまとめた『フォトドキュメント 第33期 竜王戦七番勝負』が、3月5日に刊行されました。

 今回の「読売Bizフォーラム東京」では、取材を行ったカメラマンと担当記者を講師に、撮影の舞台裏や、様々なエピソードを解説します。

第4局で砂むし温泉に向かう羽生九段(右)と吉田記者(左)。対局者と一緒に砂むし温泉に入って、感想などを取材した
第4局で砂むし温泉に向かう羽生九段(右)と吉田記者(左)。対局者と一緒に砂むし温泉に入って、感想などを取材した

 「観る将」(観戦を楽しむ方)はもちろん、「指す将」(自らも対局を行う方)や、様々な将棋ファンの方に楽しんでいただける講座を目指します。

 受講料は無料です。『フォトドキュメント 第33期 竜王戦七番勝負』を片手に、お気軽にご参加ください。

講師からのメッセージ

吉田 祐也(読売新聞東京本社 編集局 文化部記者)

 典型的な「指す将」として将棋取材にあたってきましたが、近年は「観る将」が将棋ファンの中核となり、日に日に増える女性ファンに将棋界は支えられていると感じています。

 第33期竜王戦七番勝負は、女性ファンが多い豊島竜王と羽生九段の顔合わせでした。盛大に前夜祭などを開催できたら、どれだけ熱を帯びたのだろうと想像しますが、取材現場では、新たな試みとして、若杉記者が対局室に3台のリモートカメラを設置しました。普通の中継で見る横からの両対局者の映像や、天井カメラからの盤面図ではわからなかった、勝負師としての豊島竜王、羽生九段の鋭い眼光がリモートカメラで切り取られました。写真を見て、二人の闘志が肌に刺さるような感覚で、これが新しい将棋や棋士の見せ方なのかと、発見が多い取材現場でした。

 今回の写真集は、そんな臨場感がダイレクトに伝わる「芸術作品」と思っています。手にとって豊島竜王と羽生九段の気迫に触れてください。砂むし温泉や、ちょっとした観光風景など、オフショットも堪能ください。少し長くなりましたが、進行中の第34期竜王戦では、予選にあたるランキング戦から写真の新機軸を試みております。「観る将」のハートをゆさぶる将棋の見せ方を、私と若杉記者は日々、研究しています。どうぞ、お楽しみに。

若杉 和希(読売新聞東京本社 編集局 写真部記者)

 今回、第33期竜王戦七番勝負の取材に当たるまで、対局を1局まるまる見たこともなく、それどころか駒の動きさえも正確に理解していませんでした。しかし、対局室に設置した3台のリモートカメラで、モニター越しに両棋士を追ううちに、表情やしぐさを通して、頭の中で繰り広げられる読み合い、思考の動きが垣間見える様な気がしてきました。豊島竜王と羽生九段の考える姿勢、鋭い視線を通して、かっこよくも時にかわいらしくもある両棋士の魅力にどんどんひきつけられて、気づけばすっかり「観る将」に。

 今回の写真集を通して、対局室の張り詰めた緊張感、真剣勝負の厳しさや思考の姿の美しさを感じていただけたら幸いです。写真を通して棋士や将棋の魅力も、多くの人たちとどんどん共有できたらと思っています。どうぞよろしくお願いします。

開催概要

タイトル 「観る将」必見!カメラマンと担当記者が明かす
『フォトドキュメント 第33期 竜王戦七番勝負』の舞台裏
日時2021年4月15日(木)19時~20時30分
開催方法オンライン配信(Microsoft Teamsライブイベントを活用します)
講師 吉田 祐也(読売新聞東京本社 編集局 文化部記者)
若杉 和希(読売新聞東京本社 編集局 写真部記者)
司会多葉田 聡(読売新聞東京本社 調査研究本部 主任研究員)
定員希望者全員
受講料無料
申込 こちらから
申込締め切り2021年4月8日(木)正午まで
プログラム (1)吉田記者、若杉記者によるトーク(60分)
(2)質疑応答(30分)
受講者の皆さんから事前や当日にいただいた質問にお答えします
参加方法受講者の皆様には、前日までに視聴URLをお知らせします
主催一般社団法人 読売調査研究機構
共催読売新聞社

講師プロフィル

吉田 祐也(よしだ・ゆうや)
読売新聞東京本社 編集局 文化部記者

 1979年、愛知県名古屋市生まれ。2005年、読売新聞東京本社入社。
 宇都宮支局を経て2010年に編成部(本版ニュース面)。2015年に文化部へ異動となり、テレビ・芸能関連の取材を担当。2016年から文化部の将棋担当となり、主催棋戦である竜王戦や藤井聡太二冠の取材などを行っている。
 趣味・特技は将棋。高校から将棋を始め、大学時代は全国大会に10回以上出場した。段位申請はしていないが、棋力はアマトップクラス(五~六段)。囲碁も多少打てるため、棋士から有段者と思われているが、アマ5、6級程度の棋力でめちゃくちゃ弱い。

若杉 和希(わかすぎ・かずき)
読売新聞東京本社 編集局 写真部記者

 1987年、静岡県焼津市生まれ。2010年読売新聞東京本社入社、写真部、社会部都内版編集室、大阪本社写真部を経て、2015年10月から東京本社写真部。政治、経済、事件・事故、スポーツなど分野を問わず撮影している。将棋の撮影は、入社以来何度か機会はあったものの、1局通しで見たのはこの七番勝負が初めて。
 趣味・特技は、写真。高校卒業後から撮り始め、自宅に暗室を作ったり、ホテルの写真室でアルバイトをしたりして大学時代を過ごす。撮影だけでなく、写真展や写真集を見るのも好き。好きな被写体は人物、苦手な被写体は料理。

司会
多葉田 聡(たばた・さとし)
読売新聞東京本社 調査研究本部 主任研究員

 文化部記者として映画、演劇、出版などを担当した後、中央公論新社総務局長、読売新聞グループ本社知的財産部長。

書籍のご紹介

『フォトドキュメント 第33期 竜王戦七番勝負』(読売新聞社刊)1650円(税込)

 竜王戦史上初めて読売新聞社が対局室にリモートカメラを設置し、豊島竜王と羽生九段の一挙手一投足を追いました。棋士の表情や所作の決定的瞬間など激闘を迫真の写真で再現。3万枚を超えるカットの中からベストショットを厳選し、これまで目にすることのできなかった対局中のリアルな姿を一冊にまとめました。

第一部 フォトドキュメント
緊張感あふれる対局場面を中心に、勝負メシやおやつなど、激戦の合間のほほえましいカットも。コラムでは、羽生九段のグレーヘアーの魅力や、世界遺産・仁和寺の会場設営の秘密など、とっておきのエピソードを紹介しています。
第二部 観戦記
各対局の決定的な一手、勝敗を分けたポイントを詳細に解説します。

 ※お求めは書店、YC(読売新聞販売店)で

視聴方法について

 本講座は、Microsoft Teamsライブイベントを利用して行います。
 参加者には、当日までに参加用URLをメールにてお送りします。
 Microsoft Office365のアカウントがなくても参加いただけます。
 PCではブラウザからご参加いただけますが、スマホからはTeamsアプリのダウンロードが必要となります。
 詳しくは、以下のリンクから参加方法をご確認ください。
 Teamsライブイベントへの参加方法は こちら から

 ※お申し込みは先着順です。
 ※企画内容、時間などは予告なく変更になる場合があります。
 ※講師の急病や天災、その他やむを得ない不可抗力の事態が発生した場合には、当日でも講座を中止することがあります。
 ※講座の様子は、事後に読売新聞および読売新聞オンライン、一般社団法人 読売調査研究機構ウェブサイトなど読売新聞が運営・管理する媒体で記事や動画として掲載されたり、公式SNSで紹介されたりする場合があります。

無断転載・複製を禁じます
1886205 0 読売Biz フォーラム 2021/03/05 15:00:00 2021/03/05 15:00:00 2021/03/05 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210301-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)