[現代×文芸 名著60]生命を感じる<53>街と少女 成長の痛み…『しろいろの街の、その骨の体温の』村田沙耶香著

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

◎2012年刊、現在は朝日文庫(700円)。
◎2012年刊、現在は朝日文庫(700円)。

 家庭や学校から職場まで、村田作品は常に日常空間に揺さぶりをかける。

[現代×文芸 名著60]全作品リンク集

 本作の舞台は高度経済成長期の象徴「ニュータウン」。郊外の森を切り崩しながら「どんどん姿を変えるこの街に、うまく親しみを感じられずにい」る谷沢結佳の小学生と中学生時代が2部構成で描かれる。

 小学生の結佳は仲良し3人組の一員として「子供っぽい」遊びに参加しながらも、身体からだや意識の変化を実感している。同学年だが「まだ子供」の伊吹を相手に「正しいのかわからないままキスらしきこと」を重ねながらその変化を確認する。

 中学2年になると、結佳の身体はそれまで「生き物のように成長し続け」ていた街と同様に成長を止める。小学生時代の仲良し3人組は教室のヒエラルキーのなかでそれぞれ違う位置に収まる。結佳は攻撃されにくい「地味で真面目な女の子」役に徹するが、それでも心ない言葉の波に自尊心を傷つけられている。

 傷だらけの少年少女たちの前で大人たちは無力だ。親も教師も彼らを救える言葉を持ち合わせていない。母は「ハンバーグにコーン入れる? 小さい頃好きだったわよね」と無邪気に尋ね、街の発展にとらわれ続ける父は「隣に駅ができるんだぞ!」とはしゃぐ。

 結佳の唯一の救いは伊吹と学外で過ごす時間。だが、まわりを気にして、人気者の伊吹と向き合えずに「おもちゃ」扱いし続ける。結佳が「教室を支配する大きな力」から解放され、自分の言葉を獲得するまでの戦いは過酷なものがある。

 ここではSNSが普及する前の世界が描かれているが、学校から24時間逃れられない現代の少年少女も、職場に束縛されている社会人も、結佳の成長物語に救いを見出みいだせる人は少なくないのでは。(辛島デイヴィッド・翻訳家、作家)

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
1397677 0 特集 2020/08/09 05:00:00 2021/04/08 17:31:29 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200808-OYT8I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)