暗記は「ボカロ曲」のリズムに乗って…「異色の参考書」が異例のヒット

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 暗記が大変な科目を若者に人気の音楽「ボカロ曲」で覚える異色の参考書が売れている。難しい古文はマンガを入り口にするなど、勉強を少し楽しくする本の使い方を紹介する。

(読売新聞文化部 岡本公樹)

テンポ速く、情報量多い

 学研プラスが2016年から刊行している『ボカロで覚える』シリーズは7冊、計66万7500部と、参考書としては異例のヒットとなっている。

 同社の編集者の八巻明日香さんは、児童書から参考書の担当に異動した際に、中学生に聞き取りなどをして、人工歌声を使った「ボーカロイド(ボカロ)曲」を知った。ボカロ曲はアニメ調のミュージックビデオが一緒に発表されているものが多い。「テンポが速く、歌詞の情報量も多く、暗記科目との相性がいい」と、参考書化を企画した。

 16年に中学生の歴史と理科の2冊を刊行したところ、発売前からネットの書店で品切れになり、(ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
1354621 0 ニュース 2020/07/27 15:00:00 2020/07/28 10:15:37 2020/07/28 10:15:37 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200717-OYT8I50072-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ