『ローカリズム宣言』 内田樹著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インフラはほぼ整備され、開発すべき土地もなく、人口も減り続け、経済活動が活性化する要素は存在しない。これは現代日本社会の「問題」ではなく、「答え」である。資本主義経済と化石燃料文明は到達点を迎え、人類は次なる段階に入ろうとしている。

 こんなことちょっと立ち止まって考えれば、自明に思えるが、それをふまえた発言をする政治家は皆無である。それは有権者の大多数がまだ、昨日と変わらない明日を求めているからなのか。

 「ローカリズム」とは資本主義経済の終焉しゅうえんを受け入れて、自分たちのあり方を考えようという提案であり、若者を中心に実際に動き出しつつあるローカル化の流れを指している。

 グローバル化への疑問や教育政策の失敗は、我々一人一人がその一要素であるだけに実感があり、ちょっと強引な理屈も、著者の広い知見と滑らかな話術で響いてくる。

 治安や公共衛生や基礎医療を維持したまま、著者が言う「定常モデル」に軟着陸するためには、考え、自分の手足を動かし、知と生身の身体を融合させる必要がある。(デコ、1600円)

無断転載・複製を禁じます
4036 0 書評 2018/01/29 05:21:00 2018/01/29 05:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180123-OYT8I50024-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ