評・本郷恵子(中世史学者・東京大教授)

『猫だって……。』 佐竹茉莉子著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 雨の日、雪の日、ひどく暑い日や寒い日も、私は猫に話しかける。「おうちがあってよかったねえ。お外の猫はたいへんだよ」。のびのび寝ているわが家の猫は、過去に野良生活をしていたことを、覚えているのかいないのか。

 過酷なお外での暮らしを経て、暖かいおうちと家族を得た猫たちが「猫だっていろいろあるのよ」と、それぞれの半生を語った22の物語。ひとりぼっちで湿った落ち葉の上にうずくまっていたモコちゃん、靴の空箱に入れて捨てられたニケ君、病気のお兄ちゃんの願いで迎えられたしずかちゃん。リオ君はものすごい疥癬かいせんを患っていて、保護された当初は目も開かないほどだった。優しくしてもらって、治療してもらって、全然ちがう猫みたいにふくふくになって、もう涙なしには読めません。障害がのこってしまった猫も多いけれど、どの子の額にも愛されているしるしが見える。よかったね、みんなほんとによかったね。

 「猫だって」ではなくて「猫だから」こそ幸せになってほしい。猫と暮らすニンゲンはその10倍も100倍も幸せをもらえるのだから。

 辰巳出版、1200円

無断転載禁止
11055 0 書評 2018/03/12 05:21:00 2018/03/12 05:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180309-OYT8I50050-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ