『ミライミライ』 古川日出男著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

21日付け夕書評短評。「ミライミライ」
21日付け夕書評短評。「ミライミライ」

 第2次世界大戦後、日本はアメリカとソ連に分割統治され、やがて本州以南はインドとの連邦国家として主権を回復、北海道では元兵士たちがソ連に対しゲリラ戦を継続した――あり得たかもしれない世界の物語が、音楽と詩と幻視の光景によって豊かに彩られ、奏でられる。

 むかしむかし、と語り出す言葉は時空間を組み替える旋律となり、架空の未来へ読者を連れていく。(新潮社、2300円)

無断転載・複製を禁じます
22803 0 書評 2018/05/31 05:22:00 2018/05/31 05:22:00 21日付け夕書評短評。「ミライミライ」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180521-OYT8I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ