評・苅部直(政治学者・東京大教授)

『生きづらい明治社会 不安と競争の時代』 松沢裕作著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「生きづらい明治社会 不安と競争の時代」
「生きづらい明治社会 不安と競争の時代」

現代に残る通俗道徳

 首相官邸のウェブサイトでは、「明治150年」の関連施策を進めることについて、こう宣言している。「明治150年をきっかけとして、明治以降の歩みを次世代にのこすことや、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは、大変重要なことです」。日本の「強み」。明治時代は身分制が解体されて、制度の上では職業選択も結婚も自由になり、近代国家と資本主義のしくみも確立した。その面に注目するなら、たしかにそう言えるだろう。

 しかし解放された社会は、同時に人々が「不安と競争」のなかに投げこまれる「生きづらい」世界でもあった。地租改正によって個人の土地所有権が確立したことは、それまで農村にあった共同体内の貧困救済のしくみを破壊し、借金のせいで土地を失う農民を大量に産み出す。都市においてもまた、厖大ぼうだいな数の下層民が貧民窟に住み、劣悪な環境でその日暮らしを続けていた。

 「強み」と対比して「つらみ」と呼ぶなら、この苛酷かこくな社会の「つらみ」を正当化する論理を、庶民はすでに身につけてしまっていた。そのことを著者は問題にする。江戸時代の後半から、貧困に陥るのは自分の努力が足りないからだという通俗道徳が浸透していた。新しい社会における「不安と競争」は、そのモラルをさらに強化し、貧困者や弱者に対する冷たい視線を、人々にとって当たり前のものにする。

 こうした「通俗道徳のわな」は、状況が大きく変わった現代の日本でも生き残り、社会に閉塞へいそく感をもたらしている。そうした著者の指摘は重要である。その状態を自覚する営みから出発して、「わな」をのりこえる方策を、ゆっくりと考えてゆく。そのために歴史の研究が大きな役割をはたしうることを示した本である。中学生・高校生むけのジュニア新書として刊行されているが、「生きづらい」社会に暮らす大人たちに対しても、貴重なメッセージを発している。

 ◇まつざわ・ゆうさく=1976年生まれ。慶応大准教授。専門は日本近代史。著書に『自由民権運動』ほか。

 岩波ジュニア新書 800円

無断転載禁止
45683 0 書評 2018/10/29 05:23:00 2018/10/29 05:23:00 「生きづらい明治社会 不安と競争の時代」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181022-OYT8I50061-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ