[本よみうり堂]日本のアニメーションはいかにして成立したのか 西村智弘著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

挑戦続ける開拓精神

 ◇評・加藤 徹(中国文化学者 明治大教授)

 アニメは世界語だ。海外でanimeと言うと、日本の漫画アニメーションだけを指し、一般のanimationと区別するほどだ。

 本書の著者は、映画と美術の評論家である。明治の末から現代まで、100年以上に及ぶ日本のアニメーション創作の流れを、膨大な資料と図版を使って明らかにする。商業的なヒット作だけでなく、自主制作の実験的作品や、前衛的、芸術的な作品も多数、取り上げる。

 戦前の日本にはアニメーションという言葉も概念もなかった。漫画映画、影絵映画、人形映画などの個別の名称しかなかった。戦後もしばらくは同様だった。1960年、「アニメーション三人の会」を結成したイラストレーターの真鍋博らも、説明に苦労した。雑誌に「動画という意味だ」と答えると「童画」と誤植された。NHKに出演して口を酸っぱくして説明しても、アナウンサーの反応は「ああ、そうですか、難しい言葉ですねえ」。隔世の感がある。

 1963年、手塚治虫の『鉄腕アトム』のテレビ放送が開始。当時、30分という長い尺で複雑なストーリーを展開するテレビアニメは、海外にもなかった。予算や製作時間の制約もあり、秒あたりの絵の枚数や動きを減らしたリミテッドアニメーションになった。賛否両論に分かれた。一部のアニメーターは、リアリズムを離れて動きを創るという新鮮味に驚き、可能性に着目した。

 手塚は芸術家肌だった。一番作りたいのは実験的アニメで、テレビはその資金稼ぎだと公言した。日本のアニメ作品には、新しい挑戦を続ける開拓精神があふれていた。

 1990年代後半から、日本のアニメは外国で注目されるようになった。漫画アニメとアート志向のアニメーション作品に対する位置づけが、日本と世界で逆転している、という著者の指摘は興味深い。アニメも日本文化も、過去100年、予測不能の進化を続けてきた。さて次は。本書を読むと、わくわくしてくる。

森話社 3400円
森話社 3400円

 

 ◇にしむら・ともひろ=映像評論家、美術評論家。専門は映像史、現代美術。著書に『日本芸術写真史』など。

無断転載禁止
406936 0 書評 2019/02/01 05:00:00 2019/04/03 10:39:23 日本のアニメーションはいかにして成立したのか(18日、東京都千代田区で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190129-OYT8I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ