「砂漠の狐」ロンメル…大木毅著 角川新書 900円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新事実基に描く名将

 評・加藤 徹(中国文化学者 明治大教授)

◇おおき・たけし=1961年生まれ。現代史家。著書に『ドイツ軍事史』、訳書に『「砂漠の狐」回想録』など。
◇おおき・たけし=1961年生まれ。現代史家。著書に『ドイツ軍事史』、訳書に『「砂漠の狐」回想録』など。

 本書を読み、ロンメルのみならず、ドイツという国や、近現代史のイメージが一変した。

 第2次世界大戦中、ドイツの名将ロンメルは、戦車を中心とする装甲部隊を率いた。北アフリカでは、連合軍をスマートな作戦で翻弄ほんろうし「砂漠のきつね」と呼ばれた。

 ロンメルは、戦術レベルでは傑出した指揮官だったが、戦略レベルでは問題だらけの司令官だった。奇襲を重視するあまり、補給を無視して大博打ばくちに出る。自ら陣頭に立ち、敵の銃火を顧みずに前進する。勇敢だが無謀だ。実際、ロンメルが乗った車が道に迷って敵中で孤立し、一晩、行方不明になる事件も起きた。参謀総長のハルダーは日記の中でロンメルを「正気を失った軍人」「病的な功名心」と批判した。

 ただ、ロンメルが、非人道的な命令はたとえ総統のものでも無視したことは本当である。

 もともとロンメルはドイツ軍の傍流だった。ドイツ将校団の本流であるプロイセン出身者ではなかった。士官学校も出ていなかった。第1次世界大戦で戦功を立て、なんとか軍に残れたものの、その後はくすぶっていた。そんな彼を総統のヒトラーが引き上げた。オーストリア出身のヒトラーも、ドイツでは「傍流」だった。

 2人の信頼関係は、戦局の悪化で地に落ちる。ノルマンディ上陸作戦の後、ロンメルはヒトラーに講和を進言するが、決裂。翌月、ヒトラー暗殺未遂事件が起きた。ロンメルは無実を主張したが、服毒自殺を強要された。彼の遺体の顔のすさまじい表情について、夫人の証言は生々しい。ロンメルは本当に「無実」だったのか。近年の実証的研究で意外な結論が出ている。

 ロンメルとその時代について、21世紀に入ってからも多くの新事実が判明している。著者によると、日本のアカデミズムは軍事を扱わず、ロンメルについての認識も欧米より40年近く遅れているという。本書がそのような潮流を変えるきっかけになることを願う。

無断転載禁止
492931 0 書評 2019/03/17 05:00:00 2019/04/02 15:47:02 書評用(11日、本社で)=吉川綾美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190316-OYT8I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ