ブルキナファソを喰う!…清水貴夫著 あいり出版 1800円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アフリカはおいしい

 評・三中信宏(進化生物学者)

しみず・たかお=アフリカ人類学者。アフリカの食のほか、子どもや建築に関する文化人類学を研究
しみず・たかお=アフリカ人類学者。アフリカの食のほか、子どもや建築に関する文化人類学を研究

 快著すぎて食欲がどうにも抑えられなくなる。西アフリカの「ブルキナファソ」と言われてもその国の位置が西海岸に面したリベリアやコートジボワールの内陸側で、サハラ砂漠の南側にあると即答できる人はほとんどいないだろう。本書はこの国で長年にわたってフィールド調査を行ってきた文化人類学者によるブルキナファソ食文化ガイドブックだ。日本にいると想像もできない数々の現地料理を著者みずからがものすごい勢いで食べまくっている。

 たとえば、主食にしてソウル・フードである練かゆの「ト」はメイズ(トウモロコシ)やソルガム(シコクビエ)の粉からつくられる。本書にはそのくわしいレシピもちゃんと載っている。さらに、スプーンも折れる牛皮の煮込み、西アフリカ納豆のスンバラを混ぜこんだ米飯、たっぷりの油で炊き上げた油メシ(リ・グラ)など、著者の豊富な食体験は読者をきつけること請け合いだ。

 巻末には著者がたびたび滞在したブルキナファソの首都ワガドゥグのレストラン・ガイドが載っている。よく見かける観光グルメガイドマップの体裁で、たとえ実際にこの赤い大地の国に立つ機会がなくても臨場感は高まる。地球は広いなあ。

 西アフリカならではの独自の食材と調理の記録はもちろん魅力的だが、本書はブルキナファソの食文化の背後にある国内部族間の複雑な力関係や近隣諸国(特にセネガル)からの歴史的影響についてもくわしく論じられている。食文化がその伝搬過程でいかなる変容と多様化をもたらすのかという一般的なテーマにもつながっており、文化人類学者としての視点が随所でするどく光る。

 また、ところどころに挿入されている自伝的エッセイや研究日録の断片から、日本とアフリカを行き来し続けてきた著者の研究生活の喜びと苦労がひしひしと伝わってくる。著者は人生の良きパートナーである“プリンの主”にもっともっと感謝しないといけないんじゃないかな。

無断転載禁止
546539 0 書評 2019/04/21 05:00:00 2019/05/07 14:19:16 書評用 ブルキナファソを喰う(12日)=松田賢一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190420-OYT8I50046-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ