写真でつづる アマミノクロウサギの暮らしぶり…勝廣光著 南方新社 1800円

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

◇かつ・ひろみつ=1947年、奄美大島生まれ。この島ならではの動植物を撮影。奄美自然環境研究会会員。
◇かつ・ひろみつ=1947年、奄美大島生まれ。この島ならではの動植物を撮影。奄美自然環境研究会会員。

夜行性の生態 如実に


 評・三中信宏(進化生物学者)
 琉球列島の奄美大島と徳之島にのみ分布する国の特別天然記念物アマミノクロウサギが本書の主役だ。山奥にみ、もともと個体数が少なく、しかも夜行性であるために、この原始的なウサギの生態についてはこれまでほとんど知られてこなかった。本書の出版により、長年にわたってこのウサギを追い続けてきた著者が撮りためた貴重なカラー写真の数々を読者は存分に楽しむことができる。

 本書では、アマミノクロウサギのある夫婦に焦点を絞り、地面に掘った穴で生まれた双子の子育て、夜間の餌探し、縄張りを防衛したり、ハブなどの外敵と対峙たいじしたりする日々を写真でつづる。文字では言い表せない多くの情報がひとつひとつの生態写真には込められている。著者のプロの動物写真家としての腕前がえる。

 ブナ科のイタジイのどんぐりを好んで食べるというアマミノクロウサギは、耳介が小さいなど他のウサギ類と形態的に大きく異なる。さらに、夜行性という独自の進化を遂げたために、鳴き声による音声コミュニケーションをしているという。深夜の照葉樹林で「ピシー、ピシー」と鳴き交わす情景は想像をかきたてる。

 アマミノクロウサギが暮らすこの島には他にも多くのかけがえのない動植物がいる。本書にはアマミトゲネズミやケナガネズミなど稀少きしょうなげっ歯類、オオストンオオアカゲラやルリカケスなどの絶滅が危惧される固有鳥類、さらにはアマミエビネやグスクカンアオイなどの固有植物が撮られている。

 両親の庇護ひごのもと、すくすくと育つ双子の子ウサギの姿はほほえましい。しかし、やがては巣立っていく彼らを取り巻く環境は人為的な環境破壊や交通事故のためけっして安全とはいえない。島外から持ちこまれた兇悪きょうあくな外来捕食動物であるイタチやマングースやノネコの難を逃れて、この島でアマミノクロウサギがずっと生き続けていくことを願わずにはいられない。

558661 0 書評 2019/04/28 05:00:00 2019/05/08 14:25:31 写真でつづるアマミノクロウサギの暮らしぶり https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190427-OYT8I50031-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ