まともがゆれる 常識をやめる「スウィング」の実験…木ノ戸昌幸著 朝日出版社 1560円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「人間丸出し」の活動

 評・一青 窈(歌手)

◇きのと・まさゆき=1977年生まれ。演劇をはじめ様々な活動を経て、スウィングを設立し理事長を務める。
◇きのと・まさゆき=1977年生まれ。演劇をはじめ様々な活動を経て、スウィングを設立し理事長を務める。

 私が恵比寿のギャラリーでXLさんの絵に一目れして買ったのは昨年の11月のこと。眺めてるとむくむく元気が湧く。誰の模倣でもなくただ心のままに描いた牛の絵だ。まっさらな作品を目の当たりにして、表現者として羨ましい限りの姿勢に心が洗われた。

 この本は彼を含め、明日のこともわからない今を体ひとつで生きる「人間丸出し」の人たちの毎日の活動が描かれている。ちょっとした言葉遣いで、人は気分が良くなったり落ち込んだりするが、そのちょっとしたさじ加減で物事は楽しくうまく進むんだよ、と道標を示してくれるのが著者であり、この障害福祉NPO法人「スウィング」を取り仕切る代表の木ノ戸昌幸さんだ。

 社会からちょこっとはみ出してしまった人をあえて褒め言葉として「ヘンタイ」と称したり、理不尽を笑いに変え、<人間はちゃんと、失敗するようにできている>と言い切ってくれたら励まされない訳がない。なんてったって30人ほどの施設利用者の中にいる、まさおさんの失敗談を人に分かりやすく説明したいからという理由で“親の年金をつかってキャバクラ”という書にしたため、ギャラリー展を企画するナイスなセンスの持ち主なのだ。こういったアート創作の発表以外にも、戦隊ヒーローにふんして街の清掃をしたり、京都の街案内のボランティアといったジャンルに捉われない活動をしている。

 <戦争やあらそいごとが、世界中からなくなって、あまった戦車で遊ぶんですの。(中略)危ないですので、気をつけてください。戦車/Q/2012>この詩を読んで笑みがこぼれた。代表にも会いたくて京都のアトリエを訪問したのがつい先日。天使と呼ぶにはあまりにおじさんであったXLさんと念願のツーショットも撮れた! 生きやすさの幅を広げ、自己規制を解除し続けられるように「ギリギリアウト」を狙うというスウィングのモットーが格好イイ。貴方あなたもぜひこの本で勇気をもらってください。

無断転載・複製を禁じます
572192 0 書評 2019/05/05 05:00:00 2019/05/16 16:28:03 まともがゆれる https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190508-OYT8I50044-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ