「死ぬんじゃねーぞ!!」 中川翔子著 文芸春秋 1200円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

死にたい夜を越えて

評・山内志朗(倫理学者・慶応大教授)

◇なかがわ・しょうこ=1985年生まれ。2002年に芸能界デビュー。女優、歌手、声優、漫画など多方面で活躍。
◇なかがわ・しょうこ=1985年生まれ。2002年に芸能界デビュー。女優、歌手、声優、漫画など多方面で活躍。

 人間はなぜいじめるのだろう。そしてなぜ人は死にたくなったりするんだろう。しょこたん(著者の愛称)は中学時代の過酷ないじめを耐えて生きのびた。その記録がこの本だ。

 「キモい」、この一語が仲間外れを作ってしまう。スクールカーストなんか作るなと誰でも思う。でも、イジメの問題はなくならない。

 しょこたんのメッセージは、「イジメにあっても、生きろ!いじめられている君はゼッタイ悪くないのだから」。シンプルだけど、強く響く。

 クラスの中には、守らせる人がいる。学級委員長だ。そして、それ以外に、雰囲気を作り、仕切る者がいる。ランキングをつけて、仲間外れを決める。学校は、見て見ぬふりをする。クラスをまとめる「ボス」を求めるから。

 空気が読めなかったり、ちょっと変わったことをしたりしただけで「キモい」と言われ、輪から外されてしまう。しょこたんもそうだった。

 さなぎがちょうに羽化する前の段階は弱くて傷つきやすい。学校は、さなぎのような生徒たちが変身していく段階を守ってやる空間だ。

 学校が守らなければ、イジメから避難するために、不登校は緊急の正しい手段となる。

 不登校は社会的問題だ。それを減少させるにはどうすればよいかという、「正論」だけでは問題は解決しない。一人一人に届かないから。

 この本は、未来に向かう道筋を示してくれる。何かを育てるのに大事なのは「好き」という気持ちだ。「好き」という気持ちは何に向けられようと大事にすべきだ。

 この本は「好きという気持ち」をどう育てるのか教えてくれる。生きている限り、「好き」という気持ちが人を育てる。

 しょこたんの涙で書かれた本だ。「死にたい夜を越えて未来を生きる」者からのメッセージだ。「死ぬんじゃねーぞ!!」という熱い強い激しい思いが、届いてほしい。

無断転載禁止
784238 0 書評 2019/09/08 05:00:00 2019/09/17 16:12:30 「死ぬんじゃねーぞ!!」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190907-OYT8I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ