抽斗のなかの海…朝吹真理子著 中央公論新社 1700円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

◇あさぶき・まりこ=1984年、東京都生まれ。『きことわ』で芥川賞。ほかの小説に『TIMELESS』。
◇あさぶき・まりこ=1984年、東京都生まれ。『きことわ』で芥川賞。ほかの小説に『TIMELESS』。

幻影に飲み込まれる

 評・村田沙耶香(作家)

 ちょうど今、読み返している本に、<人は生きているとただそれだけで、知らないうちに思った以上に「生きている」。>という一節がある。この一節を読んで真っ先に思い出したのが、『抽斗ひきだしのなかの海』だった。

 これは著者にとって初めてのエッセイ集だ。ほとんど小説のように感じられる短文の数々が、私には宝物に思え、この本のことはテーブルに放ったりできず、いつもそっと持ち上げる。

 著者は、「古井由吉の小説は、書かれていないことばかり記憶に残る」と書く。このエッセイのことでもあるじゃないか、と奇妙な気持ちだった。余白から感じられる「世界」があまりに美しく、どこまでが実際に文字に書かれていてどこからが勝手に想起した幻影なのか、わからなくなってきてしまう。不思議に思ってページをめくり、また新しい幻影の中に飲み込まれる。

 「放心」で想像された川上も川下もなくひたすら流れてゆくだけの川の物語を、遠い昔に愛した気がする。「ほんものの惑星がほしい」と願った女の子の横で、惑星を取りに行く人影がよぎったのを確かに見た気がする。「あーぺっぺん」と名付けられた猫と一緒に暮らす誰かの物語を、体のどこかが受け取った気がする。

 美しいもの、あたたかいもの、微笑ほほえましいもの、たくさんのエピソードがつづられているが、どんなささやかなことが書かれていようと、どのページもどうしようもなく「広い」。ページの外にある物語をいつの間にか受け取ってしまうのだ。文字を書くという行為は、意識していようといまいと、書かれている以上のことが描かれ、存在しているということなのだと、これほど思い知らされたことはなかった。

 帯に小さく、「すこしふしぎな日常」とある。すこしふしぎなこの本は、少し幻影が変化したり、記憶にない物語を私に与えたりしながら、永遠に大切な一冊として、存在し続けるのだと思う。

無断転載・複製を禁じます
890648 0 書評 2019/11/10 05:00:00 2019/11/18 11:00:10 書評 抽斗(ひきだし)のなかの海(30日、東京都千代田区で)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191109-OYT8I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ