「ニッポン神様ごはん 全国の神饌と信仰を訪ねて」吉野りり花著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 著者の吉野さんには、本書よりも前に『日本まじない食図鑑――お守りを食べ、縁起を味わう』という著書がある。まじない食とは、人が無病息災などの願いを込めて食べる縁起物のことだ。

 こうした「食べるお守り」の起源は、人びとが神様のお食事、「神饌しんせん」のお下がりをいただいたことではないか。そんな発想が出発点になって誕生した紀行ルポが本書である。米、酒、お餅、鹿肉に鮮魚、どぶろくやお菓子。訪ね行く先々で著者が出会った様々な神饌と、信仰行事を担う人びと。豊富なカラー写真に映し出されているのは、古代から続く日本人の食と信仰の歴史だ。たとえば上の写真は、滋賀県草津市老杉神社の、三の膳まである神饌である。

 京都の貴船神社や岡山の吉備津神社など、有名どころも登場する。これから旅行のご予定がある方には、「食」を通して神様を見つめ直すユニークな観光案内としてもお勧めしたい。(青弓社、2000円)

 評・宮部みゆき

無断転載・複製を禁じます
1108895 0 書評 2020/03/15 05:00:00 2020/03/23 11:50:55 『ニッポン神様ごはん』36ページ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200314-OYT8I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ