世界の悲惨 1・2・3 P・ブルデュー編著/認識と反省性 磯直樹著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

直視のための手引

 評・鈴木洋仁(社会学者・東洋大研究助手)

藤原書店各4800円 法政大学出版局5000円  
藤原書店各4800円 法政大学出版局5000円  

 ピエール・ブルデューはフランスだけではなく、また社会学者だけにとどまらず、教育、文学、芸術など幅広い分野で読まれ、世界を理解するためのたよりにされてきた。

 彼の主導で30年ほど前にフランスや米国でおこなわれ公刊された聞き取り調査『世界の悲惨』が、今回、荒井文雄・櫻本陽一の監訳によってすべて日本語に置き換えられた。

 貧困や差別に苦しむ人をはじめ、警察官や教師という、一見、恵まれている立場もまた抱える「悲惨」が厚みと重さとともに伝わる。1冊で900ページを超える原著は、10万部を超えたという。それほどまでに、彼らの声は切実さに満ちている。

 移民夫婦が、子どもたちの学校の成績を誇りにし、彼らの将来に夢を託す一方、別の中学教師は仕事も人生にも行き詰まりを感じる。読者は社会のいくつもの空間を知る。その読後感は宮部みゆきさんの『理由』に似て、苦さと深い思考を伴う。

 こうした調査の裏にはブルデュー独特の理論と概念がある。その背景を磯直樹『認識と反省性』が説く。

 磯によれば、ブルデューの出発点にはアルジェリアでの兵役がある。理論と調査を一体にしようと試みたから、さまざまな独自の用語を生み出す。そして、ブルデューの核心を書名に掲げた二つの観点で描く。

 認識とは、いつもの見方と異なる社会学の考え方によって、分析する対象を捉え、根拠に基づきはっきり確かめる営みと言える。反省性は、分析する側が自身を、できるかぎり客観的に問い直す試みだと言える。

 ブルデューは、やや単純と思える切れ味と、その反面の難しさが同居しているから世界中で読まれたのではないか。この4冊は、彼の両面性を再認識し、世界の悲惨を直視するための骨太の手引きとなるだろう。

 ◇Pierre Bourdieu=1930~2002年。著書に『ディスタンクシオン』など◇いそ・なおき=社会学者。日本学術振興会特別研究員。

無断転載禁止
1200531 0 書評 2020/05/03 05:00:00 2020/05/11 12:02:36 書評用 「世界の悲惨I、2、3」、「認識と反省性」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200502-OYT8I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ