古関裕而の昭和史 国民を背負った作曲家 辻田真佐憲著 文春新書 950円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

戦争体験が生んだ名曲

 評・飯間浩明(国語辞典編纂者)

◇つじた・まさのり=1984年、大阪府生まれ。近現代史研究者。著書に『日本の軍歌』『愛国とレコード』など。
◇つじた・まさのり=1984年、大阪府生まれ。近現代史研究者。著書に『日本の軍歌』『愛国とレコード』など。

 NHK朝ドラ「エール」の主人公のモデルにもなった昭和の大作曲家、古関裕而こせきゆうじ。「船頭可愛かわいや」「露営の歌」「長崎の鐘」「オリンピック・マーチ」など、生涯に約5000曲とも推計される作品群を生み出しました。著者は各種の膨大な資料に基づきながら、実感的な読みやすい文章でその足跡をたどります。

 実感的というのは――たとえば、古関夫婦の恋人時代の場面では、ふたりが交わした恋文を読者とともに読み、ハートマークが出てくるのも味わいます。あるいは、レコードの売れ行きをたどるため、レコード会社に残された資料を発掘し、数字を追います。資料を読者にポンと投げ出すのではなく、それがどういう意味を持つかを丁寧に論じていきます。

 私の関心のひとつは、戦争中に作った軍歌について、古関はどう考えていたかということでした。当時は国民全体が軍歌を求め、流行歌の関係者もみな軍歌に携わりました。だから、古関の軍歌を否定するつもりはありません。私の好きなメロディーもたくさんあります。でも、古関自身の考えはどうだったか。

 著者は、古関が「露営の歌」を「軍歌でなく戦時歌謡」と述べたことに注目します。「戦時歌謡」は戦後の用語で、当時この歌は「軍歌」と銘打って発売されました。古関のこの説明は、軍歌への戦後の風当たりを反映したと著者は見ます。ほかに古関自身「いやな歌」と述べる作品もあり、複雑な胸中がうかがわれます。

 古関は戦争中、慰問団や報道班として南方に行って辛酸をなめ、また、短期間ながら召集されて横須賀海兵団に所属しました。戦争で受けた傷は浅くなく、その体験が、戦後の鎮魂歌や明るいマーチに結実したのでしょう。

 なお、昨年11月刊行の刑部芳則著『古関裕而――流行作曲家と激動の昭和――』(中公新書)も、本書に劣らぬ熱量の評伝。多くの注もついた、研究書的な体裁の本です。

無断転載・複製を禁じます
1305512 0 書評 2020/06/28 05:00:00 2020/07/06 12:13:33 古関裕而の昭和史=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200627-OYT8I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ