日本のお弁当文化 権代美重子著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

幕の内のような一冊

 評・宮部みゆき(作家)

法政大学出版局 2200円
法政大学出版局 2200円

 今や“BENTO”は英語やフランス語の辞書にも載っていて、世界の共通語になろうとしているのだそうだ。確かに、本書の序章で紹介されているパリの日本のお弁当専門店や、ニューヨークの「BentOn Cafe」では、私たちの日常になじんだお弁当やおむすびが店頭に並べられている。

 コロナウイルス感染防止の自粛期間中、テイクアウトや宅配でお弁当の良さを再認識した方も多いのではなかろうか。一つのれ物に主食とおかずとデザートまで詰め合わせてあり、彩りや栄養バランスも配慮されている。こんなに楽しい「お弁当」という食文化は、どのように出来上がったのだろう。

 第1章「『働く力』とお弁当」によると、その振り出しは、外に働きに行くとき持参する携行食である。里の民にも山の民にも海の民にも、それぞれの環境と必要に沿った弁当があった。田植えの時期の「コビリ(小昼)」の煮しめ・おにぎり・巻き寿司ずし。山仕事に行く木こりの「一升わっぱ」。漁師の「船弁当」。それらはただ腹を満たすための食べ物にとどまらず、働く人びとは集って食事をとることで互いをいたわり合い、豊漁や収穫をもたらしてくれる神々に感謝をささげる機会も得た。

 一方、戦時の雑兵の「戦う力」を支えたのは、打飼袋うちがいぶくろという3メートルくらいの筒状の布の袋だった。ほしいい煎米いりまいなどをこれに入れて、一食分ずつくくってたすき掛けにして、雑兵たちは戦場を駆けたのだ。今の私たちが「携行食」と言われてすんなり納得できる形ではあるけれど、ちょっと味気ないですね。

 というわけで第2章は花見弁当、第3章は観劇弁当、第4章は駅弁、第5章はおもてなしの松花堂弁当だ。本文オールカラーがうれしい。第6章「食の思想とお弁当」で再び神饌しんせんや共食について考え、結びの章で現代のキャラ弁や弁当男子の話題にも触れて、まさに幕の内弁当のように充実した美味おいしい一冊になっている。

 ◇ごんだい・みえこ=1950年生まれ。日本航空の客室乗務員などを経て、観光振興のアドバイザーを務める。

無断転載禁止
1305515 0 書評 2020/06/28 05:00:00 2020/07/06 12:13:25 日本のお弁当文化=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200627-OYT8I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ