世界文学論 沼野充義著 作品社 5200円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

強調される翻訳の重要性

評・栩木伸明(アイルランド文学者・早稲田大教授)

◇ぬまの・みつよし=1954年生まれ。スラヴ文学者。著書に『亡命文学論』、翻訳にナボコフ『賜物』など。
◇ぬまの・みつよし=1954年生まれ。スラヴ文学者。著書に『亡命文学論』、翻訳にナボコフ『賜物』など。

 昭和時代の家庭の本棚には、名作を集大成した世界文学全集が鎮座していた。全巻読破すれば教養人になれると皆が信じていたのだ。時は移り、規範は変化して、世界文学とは名作リストではなく、「世界の多様な文学に向き合う自分なりの読み方」であると理解すべき時代になった。

 700ページを越える本書の著者は国際シンポジウムの開催、翻訳プロジェクトの推進、文芸時評の執筆などを通じて、「世界文学」をとらえなおす潮流の先頭に立ってきたひと。長年の経験から強調されるのは翻訳の重要性である。

 著者はまた、外国語への翻訳によって広範な読者を獲得してきた村上春樹の作品をひんぱんに取り上げる。異言語・異文化のコンテクストがさまざまに交差する場面で、日本発の世界文学がどのように受容されているかを報告する文章は、越境する文学に新たな光を当てる。

 著者は1989年9月、ソ連や東欧の詩を英訳で精力的に読んでいたアイルランドの詩人シェイマス・ヒーニーについて論文を書いた。ベルリンの壁が崩壊する直前、ヒーニーがノーベル文学賞を受ける6年前のこの時期に、ヨーロッパの東西から出た詩が響き合い、「異郷の詩」がヒーニーの詩作を通じて英語を豊かにしていることをいちはやく見抜いていた。

 時空を隔てた文学へのアクセスを可能にするのは翻訳であり、古典が新訳されれば新たな価値が生まれる。9・11や3・11のときと同様、コロナ禍のさなかに文学作品の読み替えが起こりつつある今、翻訳が持つ意味はきわめて大きい。

 本書の文学論が共有するのは「往復運動」のレトリックである。二者択一的に裁断する代わりに、相対するものを動的に均衡させ、多様性を包容する価値観が通底している。著者はカフカを語りながら、20世紀文学全体を遊園地にたとえ、「好きなアトラクションだけを思う存分」楽しんでいいのだと語る。文学へのゾクゾクするような愛がぼくたちの内面にも湧き上がってくる。

無断転載・複製を禁じます
1380687 0 書評 2020/08/02 05:00:00 2020/08/11 10:37:47 「徹夜の塊3 世界の文学論」 沼野充義(27日、東京都千代田区で)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200801-OYT8I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ