読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

たん・たんか・たん 美村里江歌集 美村里江著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

評・通崎睦美(木琴奏者)

 編集者から「歌集を作りませんか」と誘われた著者は、1984年生まれの女優・エッセイスト。短歌初心者の彼女は、千本ノックをこなすかのように、2年5か月かけて700首の歌を詠んだ。

 テーマ別に並ぶ236首の短歌に10編の書き下ろしエッセイを挟み込む趣向。巻末には700首をそろえる。各章の扉に添えられたイラストも微笑ほほえましい。<シャキシャキと紫蘇しそ茗荷みょうがに新生姜しょうが叩くまな板立ちのぼる夏><病院を出て小春日を浴びながらぐっぱぐっぱと手です自由>など、書籍から着想を得た52首については、その書籍データが記されている。著者の読書傾向が垣間見られて面白い。

 当初は気負いがみられるも、趣味の渓流釣りでの体験から短歌も釣りも<ズルが効かない>と気付き、等身大の自分を映し出す。

 <焼き餅の見栄えのいいのはあなた用雑煮で示す「今年もよろしく」>。誰にでも思い当たる日常のちょっとした「愛」が、かわいらしく詠まれる。

 作歌未体験の読者も、「一度、短歌作ってみようかな」と思わされるのではないだろうか。(青土社、1800円)

無断転載・複製を禁じます
1441559 0 書評 2020/08/30 05:00:00 2020/09/07 11:45:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200904-OYT8I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)