読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ローマ史再考 田中創著

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

NHKブックス 1400円
NHKブックス 1400円

衰退イメージを覆す

評・山内志朗(倫理学者・慶応大教授)

 今年はアウグストゥス関連の本が続けて出た。ビザンツ帝国への関心も高まっている。両方の話題を結びつける本書は時宜にかなっている。

 ローマ帝国が東西に分裂し、476年の西ローマ帝国滅亡という衰退の歴史を読者は予想しがちだ。だが、帝国の最終段階は哀調にちた滅亡たんではない。巨大な権力の委譲と分散の様子の描写は迫力がある。それは突如たる帝国の消滅ではない。大きな世界史では見えない数多くの人物の活躍が描かれる。

 中心テーマは、コンスタンティヌス大帝の登場と新しいローマであるコンスタンティノープルの建設だ。

 ローマは一つではなく、新しいローマ(宮廷都市)がいくつも作り上げられた。皇帝が4人に増やされたことも連動する。皇帝が権限を掌握するために前線での軍事指揮権が必要で、しかも政治の中心たる大都市で官僚(元老院)を統率し、法令を発布することが必要だった。

 戦場と首都を結ぶ動線が長くなっては権限は弛緩しかんするということだ。権威の中心と現場との乖離かいりとその対処は現代でも当てはまりそうだ。

 移動宮廷、動く都市としての皇帝団は途方もなく巨大であった。官僚として働く元老院議員は膨れ上がり、移動宮廷に随行したのだ。皇帝の護衛隊、官僚団、世話役などを含めて数千人の集団が帝国内を練り歩いた。そして時には訪問先の住民の反逆や暗殺の危険にもさらされる。

 皇帝の多くが軍人皇帝だったのは当然だった。さらに、政治的な闘争分裂の中で、連動しながらキリスト教の教義が定まっていった。異端を廃し、正統的教義が確立する公会議が何度も開かれ、基礎が固められていった。宗教の制度的確立と政治的な思惑と背後の巨大な官僚機構、それらの関連の解明は現代につながる。

 本書の著者は古代の碑文、法典を自在に読み解き、臨場感たっぷりに伝える。現地取材してきたかのような描写力を堪能した。激しく楽しい歴史書である。

 ◇たなか・はじめ=1979年、東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授。専門は古代ローマ史。

無断転載・複製を禁じます
1556564 0 書評 2020/10/18 05:00:00 2020/10/26 10:56:56 [書評] 「ローマ史再考」 田中創(6日、東京都千代田区で)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201017-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)