『21世紀の道徳 学問、功利主義、ジェンダー、幸福を考える』ベンジャミン・クリッツァー著(晶文社) 1980円

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

歪んだ倫理感覚を挑発

評・森本あんり(神学者・国際基督教大教授)

◇Benjamin Kritzer=1989年、京都府生まれ。批評家。ブログ「道徳的動物日記」を開設している。
◇Benjamin Kritzer=1989年、京都府生まれ。批評家。ブログ「道徳的動物日記」を開設している。

 翻訳本ではなく、日本語で つづ られたブログを元にした和書である。著者は京都生まれのアメリカ人。だから扱われている問題も「文系学問批判」や「相対的貧困率」など、昨今の日本で 馴染なじ みの深いものが多い。アカデミズムに属さない批評家なので、哲学や倫理学にありがちな古典の引用も控えめである。代わりに多用されているのが、切れ味のよい現代倫理学者たち。それもほとんどが和書か邦訳本で、とことん読者に親切である。

『クィア神学の挑戦』工藤万里江著(新教出版社) 4730円

 議論の筋道は平明だが、導かれる結論はどれも知的刺激に満ちている。突飛な結論が刺激的なのは当然としても、しごく常識的な結論ですら大胆で挑戦的に聞こえるのは、われわれの倫理感覚が知らぬ間に ゆが んでしまっているからか。

 人間と動物と植物の間に「種差別」を認めない動物倫理からは、ややショッキングな結論が導き出されるが、道徳論では「権利」を根拠にすべきでないことがその過程で説明される。権利は対立するからだ。その対立を調整するのが、メタ道徳としての功利主義である。

 他方、常識的なのに挑戦的に聞こえるのは、「ロマンティック・ラブ」や「愛のあるセックス」論だろう。昨今はLGBTQ(性的少数者)やセクハラや売買春は論じられるが、ヘテロの恋愛やセックスの倫理についてはほとんど論じられない。というより、「ふつうの」などと書いた途端に「異性愛中心主義」という批判が飛んでくる。

 だが著者は、現代のジェンダー論が生物学的な事実を かたく なに無視し続けていることに異を唱える。恋愛は、近代西洋が「発明」した感情ではない。心理学や脳科学の知見をすべて社会的に構成された性差として切り捨てるのは、本質主義と同じくらいドグマチックである。

 著者は、今日の倫理的磁場に強い偏差を与えているポリティカル・コレクトネスにも注意を怠らない。民主主義や人権思想の根拠を問い直し、返す刀で左派の繰り返す脊髄反射的な権力批判にも斬り込みを入れる。ポンコツ化した自分の道徳的コンパスを総点検したくなる本だ。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
2707556 0 書評 2022/01/28 05:20:00 2022/01/28 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220124-OYT8I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)