『初期室町幕府研究の最前線』 日本史史料研究会監修、亀田俊和編

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 室町時代は、同じ武家政権の時代でも鎌倉、江戸時代に比べて人気はいま一つ。だが最近、その面白さが見直され、研究も活発化しているという。

 初期室町幕府についての最新の研究動向を、政治体制、地方統治、寺院政策など、幅広い視野で見渡す。(洋泉社歴史新書y、980円)

無断転載禁止
25018 0 短評 2018/06/11 05:20:00 2018/06/11 05:20:00 2018/06/11 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180607-OYT8I50019-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ